サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対南アフリカ代表戦について

 南アフリカ代表との強化マッチは、0-0の引き分けに終わったが、両チーム
にとってプラスになったのではないか。最近の成績不振で監督が交代した
南アに圧勝して欲しいと望んでいた人には不満だろうが、現実を知る上では、
大いに参考になったと思えば良い。

 日本代表は、前半の采配は明らかにミスで失敗に終わったと見るべきで、
付け焼刃で4-3-3をテストしても機能しないと判ったのが収穫だった。
なぜ、今頃になってこんなテストをするのか疑問だが、おそらく本田中心の
チームにした時の最も有効なシステムを模索したのだと思うが、これは
もっと前に行うべき事で、この機になって行うとは信じられない。

後半、中村俊輔が入ってから、いつものやり方に戻したら、まるで別のチームに
なったみたいに動きが良くなったように、選手の身に付いてしまってるようだから、
残りわずかな時間にバカなテストをしないように望む。

 南アのパレイラ監督がまず守備の構築から入ってチームを立て直している
のと、日本もカウンターを極度に警戒していたために、両チームとも守備は
合格だったのだが、攻撃は攻め手が少なくチャンスの少ないゲームになって
しまったが、これは両チームの置かれた事情を考慮すればやむを得ない。

南アは新監督の下で、まず安定した戦い方を身につけて「負けない」事で、
自信を付けさせる。またアジアのチームとの対戦、それも組織的なサッカーを
するチームとの経験を積めた。

 日本は、対ガーナ戦で弱点となったカウンター対策の徹底が課題だった。
南アの会場の雰囲気とピッチの状態を体感出来た上に、その対策の目途も
立ったし、現状では、攻撃面は全く通用せずに≪ベスト4≫という戯言から
目を醒まさないといけない事も自覚できたはずだ。

 とりあえず内容的には日本の完勝だったと思う。







 
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/582-fc672381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。