サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアカップ・対香港戦(アウエー)

 アジアカップ予選の対香港戦は4-0の日本の勝利で無事終了した。

香港がメンバーを入れ替えてかなりアグレッシブに向かってきたが、守備面
では、なかなか諦めなかった。しかも、第1戦の時よりも選手の質は高い。

日本は南ア遠征からの直行で疲労蓄積によりコンディションが良くなかった
のは明らかで、全体的に精彩が無かったように見えた。

 またピッチの状態が滑りやすかったのではなかろうか。日本選手が
何度も転んでいたのは、そのせいではないかと思われるし、簡単なSHを
蹴り上げてふかしてしまった原因かもしれない。

香港が良かったのは立ち上がりの15分間と、やはり後半の立ち上がりから
25分~30分までで、チャンスは前半の有利だった時間帯に2回あっただけで
後は日本の攻撃に振り回された状態だった。
 日本はアウエーだったという点と、アジア勢は、このような戦い方を選んで
くる傾向があるのだから、そういう点を考慮すれば、苦しい内容のゲームが
続くのは必然である。

 日本の得点は、FKからの得点と香港が疲労してからの連続ゴールで、
前半の得点チャンスを何度か潰した為に欲求不満がたまり、イライラしてきた
人も多かったと思う。

前半の途中まで、南ア戦の再現かと不安と焦燥感を感じた人も居ただろうが
結局は、大半の点で香港を上回る日本が勝ったのは順当勝利であるものの、
やはり攻撃陣は、W杯で勝利を計算出来る可能性も期待値も低い。
特に問題だったのが大久保で、チャンスの場面に随分とSHミスやパスミスを
して苦戦の要因となっていた。このままでは代表に残るのは微妙ではないか。

 香港の方が、FKもサイドからのクロスも精度が高かったのが印象的で、
日本は、相手DFを前にした際に、もっと大胆さと勇気が必要と思う。

 

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/584-d91a98ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。