サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分の惨状とJリーグの対応に関して

 大分が大変な事になってるが、責任の一端はJリーグ側にもある。
誰もが判っているように「遊戯メーカー(つまりパチンコ産業)」の
スポンサー企業を容認しなかったのが、大幅な収入減に繋がったのは
明らかだ。

 鬼武チェアマンが指摘した通り、高額報酬を要す外国人から外国人への
監督交代や選手獲得などに費用を要したなどは、確かに、
「再建途上の会社として、あってはならない経営が行われていた」
に違いないだろう。

 石にかじりついてもJ1に残りたいという努力が裏目に出たわけだ。
監督交代の時期が遅すぎたのはすでに指摘の通りだが、長く引っ張り
過ぎた理由として、クラブ内に適切な日本人スタッフが居なかったという
理由があったならば、全くお粗末と言わざるを得ない。
 これだけでも経営陣は失格の烙印を押されて当然であろう。監督を
更迭したくても後任の人材を早急に用意出来なかったのだから。

しかし、その内部の失敗とは別に、Jリーグがスポンサー企業の制約を
杓子定規に当てはめた点も反省するべきである。たとえ、あらかじめ、
パチンコ産業は問題で、別のスポンサーを見つけるか集めるべきだった
という指摘をされるのは、確かに正論ではあるけども、現在の日本経済の
状態を観れば、一地方のクラブに億単位の資金を提供してくれる企業は
簡単に見つかるはずがないのが常識である。

 選手への給料も払えず、残りの公式戦の続行にも支障が出る危険性も
あるという切迫した状況では「背に腹は代えられず」にJリーグ側も、
融資を承認せざるを得なかったのが実情であろう。
 再建計画も未了で、融資資金の返済期限も未設定と聞けば、大分が
事実上、経営破綻しており、同時にJリーグ側の混迷ぶりも判るではないか。

以前にも書いたとおり、すでにパチンコは庶民の娯楽として定着している
のだから、スポンサーとして承認しておれば、ここまでの惨状を招かずに
済んだ可能性もあったとは考えられないか。
大分に限らず、県庁所在地であろうと地方のクラブはスポンサー集めに
苦心している。Jリーグ事務局が、もっと柔軟な対応を取るように望む。


 
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/585-6a539e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。