サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラモスとスポニチ

 ゴン中山の横浜FC入りがほぼ決定のようだが、カズとともに起用法を
めぐって来シーズンはクラブ内で一騒ぎ起こりそうな予感がする。
カズも中山もシーズンを通してスタメンフル出場どころか、出たり出なかったり
という状態になるのではないか。

 J1のクラブがどこも獲得に名乗りを上げなかったという意味を理解できて
いれば過度の期待を持たないはずだが、横浜FCの場合は興行的な側面も
考慮しての獲得だから、どんな起用法やファンサービスを行うのかに注目
して見たら面白いかもしれない。

 幸い、監督候補が鳥栖を退任した岸野だそうだから、それなりに操縦する
能力はありそうだが、上手く行かなくなった時にどうなるかが不安だ。
それでもラモスよりはまともな采配が取れると思う。
スポニチによると、ラモスは【なぜ俺を呼ばない?】といったそうだが、逆に
【なぜ自分には声が掛らないのか】を熟考するべきであろう。

 マリノスが木村和司で俺が横浜FCならば華があるから横浜が盛り上がる
というが、華があっても負け続けたら盛り上がらないし、大切なのは
【華のある人事】では無くて【ゲームの勝利】である。

 それにラモス監督目当てでどれだけの観客が増えるのか?
どこかで似たような話を聞いたことがあるなと記憶をたどって見ると、
プロ野球の読売巨人軍が長嶋を監督に起用した時だった。
 ファンは監督じゃなくて選手とゲームを見に来る。だから、中高年のファンは
喜んだが、長嶋の現役時代を知らない若者たちの心を掴む事は出来なかった。
それでも、野球はまだ、ゲーム中に監督が露出する面が多々あるのだが、
サッカーは非常に少ない。主役は選手なんだ。そうは思わないか。

ヴェルディでラモスが監督だった時に、選手よりもラモス目当てで
1ゲームあたり何億人のサポーターが押し寄せたのか?
少なくとも、観客動員がJリーグ誕生当時に匹敵する程の人数が集まり
ヴェルディは大繁盛したといえるだろうか。

 ラモスはヴェルディをJ2からJ1に昇格させたというが、どれだけの補強費を
使って他のクラブやブラジルから人材を集めただろうか。
 岸野は鳥栖をJ1に昇格させる事は出来なかったが、強化費と選手を観れば、
実によく頑張ったと評価出来るのはどちらだろう。

 スポニチはビーチの実績があるというが、ビーチはあくまでもビーチだ。
11人制のサッカーでは無い。それも前回はベスト4で今回はベスト8ならば、
成績は低下したと見るべきではなかろうか。
スポンサーサイト

テーマ:横浜FC - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/588-004276a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。