サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーリオは自分の為に海外のクラブに行くべきだ

 ラモスは、今シーズン終了までは東京ヴェルディのスーパーバイザーの
はずだが、相変わらず、浦和の人事に対して内政干渉の発言を繰り返して
いる。

トゥーリオを出したら、第二のヴェルディになっちゃうと発言したそうだが、
それなら、なんで引退後に監督やフロント入りを引き受けたのか?

ヴェルディの最大の問題点は、戦術や采配や方向性等に関して、監督よりも
主力選手の言い分がまかり通った体質をフロントトップが容認した事にある。
これは日本リーグ時代からの悪しき伝統だ。
 特にラモスがチーム内を仕切った状態では、自分の思うような采配が
出来ないから、Jリーグ誕生の際には、生え抜きのOBが誰も監督を引き受け
なかった。お調子者で仁義に厚い松木が引き受けちゃったけど、すっかり悪者
扱いで、本当に可愛そうだった。

 日本リーグ時代から、ラモスと合わない選手や監督は次から次に追放されて
しまい、その行き着いた先が現在の惨状だと思えば良いだろう。

 こんな事は、どこのマスコミも、フリーライターも指摘しない。
なぜかというと、ラモスに取材拒否されたら困るからだよ。それが、ますます
ラモスを王様のような立場に祭り上げるという方向に進んでしまったんだ。

トゥーリオが浦和を出て行くのは正解で、もし残ってフィンケが出ていくような
事になったら、それこそヴェルディと同じ過ちを、歴史を繰り返す事になって、
同じ体質になっちゃう危険性があった。

トゥーリオも、浦和に残ってお山の大将みたいになって、自分の思い通りに
クラブを仕切っていくよりも、外国のクラブに行って経験を積み、視野を広げた
方が確実にプラスになる。引退してから、もっと器の大きな人間になって、
サッカー界に大いに貢献出来るだろう。

 海外の一流のクラブの厳しさと、違う文化とサポーター気質を知って帰って
くるんだから、必ず良いGMか監督になると期待している。日本とブラジルしか
知らないで、自分の気に食わない人物を追い出して、ライバルを紅白戦で
削って蹴落として、マスコミを利用して監督やフロント批判を繰り返して
我がまま自分勝手を続けていると、気がついたら裸の王様になっちゃう


トゥーリオには、そのような人間になってほしくない

浦和のサポーターの中には、残って来年も活躍する姿を観たいと願ってる
人も居るだろうが、海外志向が強いんだから、行かせて上げた方が良い。
一回りも二回りも大きな人間になって4~5年後に戻って来るだろう。

浦和レッズが第二のヴェルディになるか、それとも第二期黄金時代に向けた
スタートを切れるかの重大な分岐点に立っていると思ってもらいたい。 
 
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/589-c6312a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。