サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jリーグと協会幹部は現実を直視せよ

 Jリーグもここに来て不景気の影響を受け、綺麗事で粉飾した理想郷の
夢が崩れつつあるばかりか、ご都合主義で固めた虚構の仮面のほころびが
表面化してきたようだ。

サテライトリーグ打ち切りも経費節減の目的もあるはずで、これでますます
控えや若手の実戦経験や出場機会が激減する事になった。公式戦には、
皆さんご存じの「ベストメンバー規定」があるから、レギュラークラスは
消耗して選手生命が短縮、終盤は疲労困憊、若手は経験不足の悪循環が
加速する危険性が増した。

 リーグとカップ戦のスポンサーに「億単位のお金を出してもらう為」に、
この規定が作られたのであって、サポーターや選手の為ではない。

そのスポンサーも「信販会社」は良いけども、パチンコの遊技関係はダメと
アホな事を言ってるが、その定義は1クラブの存続よりも大切なようだ。
だが、プロサッカーってのは青少年の教育の為だけにやってるんじゃない。
しかも、明らかにギャンブルの「toto」を行い、川淵元大尉は「赤字なら
潰してしまえ」と言っておきながら、名門アイスホッケーチームが廃部となり、
マスコミで話題になると「存続の為に収益を使えないか」と言う始末。

なんでバレーボールの「武富士」やハンドボールや女子サッカーの方には、
収益で支援とは言わないのか?女子サッカーよりもアイスホッケーが好きか?

 川淵元大尉の場合は「その場の思いつき発言」で、墓穴を掘ってるのだが、
Jリーグが誕生した時は、ちょうどバブルの最期の時で、もうすぐ終焉を
迎えると気づいてる人は少なかったから良かった。
 しかし、バブルが弾けて不況になったのだから、未だにバブルの頃の感覚で
評価したり、判断したり、構想や夢を語るのは間違ってる。

身の丈に合った運営をしなかった「大分」は事実上の破産だし、ヴェルディは
消滅して別の形でしか存続出来ない。

犬飼会長は秋春制実現の為に、スタジアムの改築費用を「倒産同然か四苦八苦
してる自治体」に負担させようと試みた。

1990年代前半ではなく、不景気の真っ最中の2008~9年に、行う経営や
要求だなんて到底信じられない。
【まだサッカーバブルが続いてると錯覚してるんじゃなかろうか】












スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/598-66c4256d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。