サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テストマッチの正しいあり方について

 岡田ニッポンのW杯に向けた強化試合のマッチメイクが上手く行ってない。
3月3日に予定していたポルトガル戦がキャンセルになり、アジアカップ予選
の対イエメン戦対バーレーン戦も、AFCが変更を認めない為に日程通りに
消化しないといけなくなった。

しかし、W杯で対戦する相手は決定してるのだから、テストマッチの相手も
対戦国への対応を考えた相手を選ぶべきではないか。例えばポルトガルで良い
のかという疑問を持つべきで、オランダ・デンマーク、カメルーンとの共通性
などは、あまり無いのだから、初めからマッチメイクが間違っていたと思えば
、今回のキャンセルは、むしろ幸いと思えば良い。

 世界レベルの強豪と対戦したいとか、スペインやポルトガルのサッカーが
理想としたとしても、それは自己満足に過ぎない。オランダやデンマーク対策
の相手としては不適切なのは明らかで、似たようなタイプの強豪にオファーを
出すのが常識だと思う。

 スペインやポルトガルに善戦健闘しても、本番では異なるタイプの相手と対戦
するのだから、何の参考にもならないばかりか、むしろ本番では苦戦すると予測
するべきだ。スペインやポルトガルと同タイプのチームが同じ組に居る場合に、
初めて本番への希望が出てくるのだ。

Jリーグ以前には、韓国や他のアジア勢に勝たないとオリンピックに行けない
のに、毎年、≪バカの一つ覚え≫のように西ドイツへ遠征して合宿と親善試合を
繰り返して【ドイツ式サッカーのマスター】に努めて、アジアのタイトルマッチ
には出場せずに、ヨーロッパや南米のプロチームとの親善試合で善戦したら、
オリンピック予選突破に明るい希望なんてほざいて、「マレーシア」や「タイ」
や「イスラエル」に負けて、アジア軽視と批判されていた愚行を連想する。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/601-1f8a00ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。