サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自業自得の出版不況

明日はクリスマスイブで来週は、お正月だ。

今日は、いつもより役にたつ話を提供したい。

サッカージャーナリストやスポーツライターのレベルの低さ、でたらめさは
皆、周知している通りだが、そういう連中が、各種特権に恵まれてる。
プレスでゲームを観れてサポーターには渡らないような各種資料が入手出来て、
選手や監督から直接に話を聞く事が出来る。
しかも公表出来ない真実の情報も入手出来る。

本当に腹が立つだろう。

では、こういう連中をのさばらせない、はびこらせない、抹殺する。
仕事の場を与えない、収入を断ち切る為にはどうするか。

 例えばだ、サッカーの、ど素人で分析も評価も全く出来ないに等しいが、
川淵元大尉やジーコに取り入り、フリーライターの女王様のような存在に
なって、アホバカサポーターになにがしかの影響力を保持してる人や、
 あの自己チュー選手の動向に詳しいという触れ込みで、にっぽんテレビ
という聞いた事のない名前の放送局の朝のワイドショーにコメンテーター
として出演して、社会問題や時事ネタでコメントを求められると
一言二言、まるで一般人みたいな、あるいはそれ以下のコメントしか言えない
情けない女性ライターが居たとする。

こういう人が本を出版しても買わなければ良いだけだ。
売れたら、また出版社から仕事の話が舞い込む。

あるいは「江戸名古屋スポーツ」に毎週コメントを書いてたら、
絶対に買わないか、その部分を切り抜いて返却する。

選手個人の出世や苦労話の本など、買わないで無視しても良いし、
必要ならば図書館で読めば良い。
1冊千円台だろうが、この不景気で収入も減ってるなら買う必要はありません。
お金をドブに捨てるようなもので、私はバカですと世間に公言してるようなもの。

 大体、あの手の本は、選手や関係各位に取材して出来あがった原稿を、
まず選手や所属事務所がチェックして都合の悪い部分は削除したり修正する
のは常識で、公にしたくない点は掲載しないし、酷い場合は、過去の暗い
出来事を本人に都合の良い解釈に脚色しちゃう事もある。

以前、専門誌に「選手物語」が連載された事があるけども、
重要な事項に関して、都合の悪い真実を掲載せずに、ウソデタラメが
満載されてたのには、呆れるやら笑うやら、困ったもんだよ。

だから、書いてある事を全て鵜呑みにしたり、選手の事が全部判るなんて
信じ込むのは、ハッキリ言ってバカですよ。

 そんな本を読むよりも、技術や戦術の解説書を買って読んだ方が、
はるかに役にたちます。ただし、この場合もジャーナリストが書いたのではなく
現場経験者の元Jリーガーや監督が関ったものを選んだ方が良い。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/602-5d68f181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。