サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥーリオの虚構部分

 朝日新聞のトゥーリオ移籍に関する記事は強烈だった。

 以下が一部抜粋だけども、ある意味、大スクープだ。

 クラブ関係者は闘莉王の素行に問題があったことも指摘する。
「二日酔いで来る日もあるし、練習を途中で帰る日もあった。
 注意しても直らなかった」。
チーム批判ともとれる発言もたびたび。クラブはその存在をもてあました。
1億2千万円(推定)という高額年俸も足かせになった。

上の記事を読んで、ガッカリした人も居るだろう。

 これで、なぜ浦和がトゥーリオを【必要としなくなったか良く判った】
浦和フロントの判断は全面的に正しい。


トゥーリオがそのような練習態度だったなんて知らなかったし、
今までどこのメディアも報道しなかった。

 高額年俸の事よりも、素行や練習姿勢の方が重要な問題だ。
シーズン中にも関らず深酒していたのはプロ選手として万全とは思えない。
また練習の途中で帰るとはどういう事か?例えば疲労蓄積で体調不良ならば、
それは説明しないと誤解を招くことになるだけで、何のプラスも無い。

このような姿勢を若い選手たちが観ると、非常に悪い影響を与えるばかりか
内部の規律が乱れて、スター選手&主力選手は、好き勝手な行動が
許されるという雰囲気が蔓延する。

なるほど、
【このような待遇で過ごしてきたなら、自分から出ていくとは言わない】
単に、フィンケとのチーム作りの構想が違うから解雇されたと思ってきたが
全然違うじゃyないか。このような事情があったとは知らなかったし、
今まで浦和のフロントが容認してきたのも大問題ではないか。
フィンケが采配を振う事になって、初めてメスを入れる事が出来たわけだ。

 取材にあたってきたサッカー担当記者は、おそらく知っていたはずだ。
それなのに、フィンケを悪人扱いして悪意に満ちた記事を書いてきたとは、
今後は、選手と監督とフロントとの間のバランスをとった内容の記事を
書くように心がけてもらいたい。選手の側に比重が偏り過ぎているのだ。

 トゥーリオは、名古屋では浦和のようにはいかないと自覚して、
心機一転して再スタートしてもらいたい。

それにしても朝日新聞はよく書いたと思う。このような記事は普通は書かない、
書けない記事で、スター選手の「闇」「陰」の部分だから、公にはしないのが
一般的だ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/605-9af7062c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。