サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝戦ガンバ対名古屋

 天皇杯決勝を観戦して仲間たちと新年会やってきました。
ガンバ大阪対名古屋グランパスの決勝戦は見ごたえがある面白い1戦だった。
自分は名古屋が勝つかと予想したけれども、総合力で上のガンバの完勝で、
特に監督の采配の差が一番大きかったと思う。

ストイコビッチよりも西野の方が経験で上まっており、それが采配に現れて
このような4-1という点差になったのだが、実際には2-1の時点で勝負
あったから、後の2点はやむを得ない失点という見方も出来る。
 
名古屋が4-3-3で行ったのは、プラスマイナスで行くとマイナス
1トップに2シャドーになるのかと思っていたら、3トップの両サイドが
ワイドに開いてクロスを上げてケネディに合わせる。MFが第2列から
飛び出してケネディに絡むという戦術で、実際に得点を挙げたのは成功と
評価したいが1点しか獲れなかった。
 ワイドに開いた事で、ガンバの両サイドのDFを攻めに参加させない意図は
右では安田を抑えたが、安田が張り付いたためにスペースも消えてしまった。
左は、加地が上がって来た時には「マギヌン」がカバーしきれずに苦しんだ。
ケネディが孤立気味で、フォローに入るタイミングも遅れて行った。

 致命的だったのは中盤を3人にした為、ガンバの強力な4人のMFを封じ
込めずに、終盤は好いようにやられてしまった事だ。

 2点目を取られてから選手交代で攻めの人数を増やして4-2-4から、
4-1-1-4に近い形にまでしたが、結果的に攻守のバランスを崩して
中盤を完全にガンバに支配されてしまった。あの場合、1点差でも3点差でも
負けで、しかも後のないカップ戦だから、バランスを崩してでも総攻撃に行く
姿勢は間違っていないのだが、早めに前線へ放り込むのではなくて中盤でパス
を繋いで組立てて行くように見えた。これがストイコビッチの意図したもの
なのだろうか。中盤の人数を減らしたのに、パスを繋ぎ組立てる攻撃は、
ガンバに対しては自滅行為である。
 三都主を左サイドにおき起点として、ケネディと巻にクロスを合わせる
攻めを選択すべきだった。吉田をトップに挙げ、中央に3人並べて3-4-3
にして、パワープレーを仕掛けても良かった。

 初めから4-3-3ではなく4-4-2で行った方が良かったと思う。
ケネディと玉田の2トップにしてMFの4人はダイヤモンド型に配置する。
しかも守備重視でカウンター狙いの方が、勝ち目はあった。
 ガンバのような強力な攻撃陣を要するチームに対して攻め合いに出たら、
相対的に観てデメリットが大きすぎるのだ。

ポイントをチェックしてみよう。
【開始から中盤で数的に劣勢で挑み、終盤は攻守のバランスを崩した】
【潰しにいくよりも、正面からまともに正攻法で攻め込んだ】
これでは、強力なMF陣を要し、チームとして総合力で上の相手に対して
勝負を挑むのは自殺行為であり、華々しく散っていくだけである。

ストイコビッチの攻撃優先のスタイルは、ゲームとしては面白いが、
勝負という点では、評価は厳しくなる。実力が上の相手に対しては、
勝つ為には、時にはカッコ悪いように見えるがなりふり構わない方法も
選択せざるを得ない事を知った方が良いと思う。

この敗戦は、ストイコビッチには非常に良い経験であり、
今後の監督人生に生かされると期待したい。


スポンサーサイト

テーマ:天皇杯 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/609-515de651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。