サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提訴問題の勝手な推測

 昨日は眠くて半分寝ながら書いたので変な終わり方だったようだ。

2006年ドイツ大会終了後に会長を辞任せずに定年延長を決め込み
理事選挙の理事選考でもめた際の週刊誌各社の報道を川淵元大尉は、
「皆ウソばかり」と怒ったのは記憶に新しいが、あのときの方が、
個人に対する批判や攻撃は激しかったが、提訴には至らなかったのを
思うと、今回は突出しているように感じた人が多いのではないか。

 犬飼会長の川淵批判が実際にあって、それが川淵氏の耳に入ったが
、その発言の証拠が無いので、犬飼会長は言ってないと強硬に否定したが、
そのやり取りを週刊誌に流した人物が居たと仮定すると話は見えてくる。

 犬飼会長が「自分は絶対に言ってない事の身の証をたてる事と、週刊誌
にリークした協会内の人物をあぶり出す事で、ウソの報道と犯人探しの
両方を確定する為だ」犬飼会長が川淵批判を行った発言の証拠のテープ等が
存在しなければ、身の潔白が証明出来ると判断したのではないか。

 さらに秋春制移行で協会とJリーグ内がギクシャクしている件とも絡めて
みると、犬飼失脚を望む動きがあったのかもしれないとは考えられないか。

2006年の協会理事会人事で、有能な人材を追い出し、イエスマンが残り、
川淵氏の思うように動く人物として起用したのに、批判や攻撃をされた事に
対する怒りが発端で、「本当に潔白ならば週刊誌を提訴する」とエスカレート
したのが今回の提訴騒動に発展したとしても不思議ではない。

 犬飼会長は決断しなければいけない。
協会の常任理事会に、本来特人理事とするべき人物を2人選んだのは、
多数決で決める際に、自分の思い通り動く票が2票あるという事を意味する。
だが、現在の常任理事会は、川淵色の強いメンバーで構成されているのだから、
これは川淵氏を敵に回したら存在が危うくなるのは誰にでもわかる。

「誰のおかげで会長になれたか」を認識するのは当然だが、しかし、現在と
未来のサッカー協会と日本サッカー界の事を真剣に考えて、どう行動すれば
良いのか、そしてそれを実行し実現する為には何をすべきかの決断を
しなければいけない。その為には秋春制移行に執着して地方代表の理事や
Jリーグ幹部を敵に回すような愚行は時間とエネルギーの浪費だったと
気がつかないといけない。

★ 今回、ここで指摘したのは、
あくまでも個人的な推測にすぎず、
仮定の話なので、誤解しないように


これで、2010年南ア大会終了後の協会人事や理事会の構成がどうなるかが、
非常に興味深いものになってきた。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/619-ea678d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。