サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田は失敗を自覚して辞任せよ!

 東アジア選手権の最終戦、対韓国戦は酷い内容のゲームだった。
最近の韓国戦では、ちょっとここまで酷いゲームはあまり記憶が
無い程の無様なモノで、「負けた」とかW杯を控えてという事だけ
でなくて、マイナスの意味で岡田ニッポンの集大成のような気がする。

 まず、日本の攻撃は全く怖くないという事。
FWまでもが中盤に下がって参加する丁寧なパス回しは、明らかに
異様で、ゴールを挙げるという本来の目的ではなく、それ自体を目的
として行っているとしか思えないからだ。
 足元から足元へ緩いショートパスを繋ぎ、いかに綺麗に見せるかが
大事で、ドリブル突破はあまり重要ではないようだ。

素早いが、身長が低く身体が小さく、フィジカルが弱い似たタイプの
選手ばかりで、攻撃パターンも、ショートパスと壁パスで強引に
中央突破を繰り返すか、上がってきた両サイドのDFがバカの一つ覚えで
、単純なクロスを中に入れてくるだけだ。

采配も選手起用も、理論や理屈やコンセプトとやらを優先を通り越して
執着して柔軟性が全然ないから、≪采配の妙≫などという文字は、
岡田の辞書には無いはずだ。

犬飼会長は岡田解任を否定したが、更迭するチャンスを時期を失った
というのが正しい見方である。新しく外国人に短期間で任せるほどの
度胸や精神的な余裕もなく、日本人コーチングスタッフも岡田と
同じコンセプトで固まっている人材しかいないのだろうか。

 W杯予選を突破した時点で監督やスタッフの人事を見直して、
本大会に向けた新たなスタッフの編成を行えば良かったのだ。

 岡田は早く、自分のチーム作りと選手起用の大失敗を
反省して方向転換を行うべきだ。言い訳や開き直りをすればするほど
泥沼にハマりこんでいくと思ってもらいたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/624-ba434d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。