サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライ岡田に期待する事

屁理屈や自分のコンセプトに執着してる岡田は、記者会見では
うつむき加減で記者からの質問に対して「言い訳と開き直り」の連発だった
ようだが、それは自分の500%間違った采配への反省も後悔も全く
無いという証拠だ。

 自信と余裕に満ち溢れた態度と雰囲気で「W杯ベスト4目標」と
力強く高らかに宣言したのは、人類の歴史に永遠に残る歴史的発言だ。
だから、反省や後悔せずに、自らのミスを絶対に認めずに開き直るのは、
エリート意識に基づく当然の行動と信じているに違いない。

 W杯ベスト4の目標達成の瞬間を想像して、胸躍らせて天にも昇る気分
ではなかろうか。それは世の中に存在するどのような物質よりも硬い意思と
全ての宗教者の信仰を凌駕する程の強い信念にまで上り詰めているのは、
確実であろう。

W杯ベスト4の目標が達成出来なかったとしたら、ぬけぬけとテレビ解説者
や新聞の評論家などで世間の前に出て来て晒し者になるのだろうか。
青木が原の樹海で行方不明になるか東京湾の底に沈むか鉄道に飛び込むか、
あるいは多量の睡眠薬を飲むかは、それは本人が決めるに違いない。

しかし、南アで行方不明になるか、何らかの形で責任を取り、生きたまま
祖国の土地を踏む事を拒否するのがサムライの正しい姿であろう。

 だが、もっと良い最良の道がある。
自分を国家代表の監督に選んだ最高責任者の人物を道ずれにする事だ。
そうしたら岡田は日本サッカー史上に輝く英雄としてサポーターの記憶に
残るであろう。その時、岡田はペテン師ではなく救世主になれるのだ。

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/625-0cb8d8e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。