サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手の不正使用に対するジャッジに関して

 今シーズンから、手を使う反則にしては厳しくチェックするジャッジに
対して、犬飼会長が不満をぶつけたようだ。

「上から言われたらそればっかり。神経質になり過ぎ。手がちょっと触れたら
(笛を)吹いちゃう」と過剰な対応に注文を付けた。

 これはちょっとおかしいのではないだろうか。
まず初めに前提としてあるのは、手を使った反則を厳しくジャッジするのは
国際的な流れだと言う事だ。その次に、日本人選手は必要以上に手を使う
プレーが多いという事。
 という事は、考えられる事として、国際試合のアウエーゲームでは、
日本選手のプレーは反則となり、「イエローカード」「レッドカード」
「ペナルティーエリア周辺でのFK」最悪「PK」等の格好の標的にされる
危険性が極めて強いと危惧されるのだ。

 そのような点を考慮したら、初めのうちは選手の意識を徹底させるために、
厳しくファウルとしてジャッジしたり、イエローカードなどを提示して、
過剰対応するくらいで、痛い思いを経験させた方が効果があるのではないか。

 手を使い不正な手段で処理する習慣が付いているなら直さないといけない。
思い切ったプレーと、手を使った不正な対応は、イコールの関係では無い。
 しかも日本国内だけの問題や基準ではなくて、世界の流れなのだから、
国際試合におけるレフェリーのジャッジ対策という観点で判断するべきだ。

だから言わせてもらう。
初めは厳しく神経質になるくらいのジャッジで対応するのは間違っていない。








スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/630-c816bb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。