サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋対川崎戦での、トゥーリオについて

Jリーグ開幕して2戦を行ったが、混戦か波乱の予兆がする。

名古屋対川崎のゲームは凄かったし、見ごたえがあった。
名古屋の3失点は、全てトゥーリオの責任だったのが印象的で、
自分は次のように判断した。

1点目は相手の足を引っ掛けて倒す。
2点目はあっさりと競り負けて腕を使って引っ張る。
いずれのパターンも、簡単にファウルを行って与えたFKからの失点だ。

 この2失点に共通してるのは、速さに対して対応が遅れてる事だ。
速い動きに着いていけないから足を出すタイミングが遅れる。
振り切られそうになるので腕を出して止めようと試みる。

3点目は、ゴール前で、チョンテセがボールに触れた時は、2対2の局面
だったが、完全に対応が遅れていた。あの場面は連係がスムーズに行ってない
のが明白で、名古屋のCB二人が川崎のFW1人にかぶってる形で、
チョンテセは、ノーマークになってしまった。

 その後の対処だが、チョンテセの動きだしの速さには対処できず潰すのは
不可能だったと思われるから、結果的にSHを打たれるのは避けられなかった
だろうが、もし全盛期の「加藤久」や「井原」だったらと想像してみると、
おそらく、SHコースに足を出すか、身体を投げ出して抵抗出来ていたはずだ。
 しかしトゥーリオは完全に振られてる。なぜそうなるかと言うと、
ポジショニングが悪く、カバーリングが出来なかったからだ。

 これらの一連のプレーから判断して、トゥーリオはまだコンディションが
悪いのではないか。開幕戦のガンバの時には、ほとんど攻撃参加せずに
守備を重点にプレーしたように見えたが、あれは体力的に問題があったのかも
しれない。そして川崎戦では、速さに着いていけず、ポジショニングも悪い。

 2月の代表合宿では、体力や走力トレーニングはやったのだろうか?
まさか戦術練習ばかりでは無いと思うが、シーズンオフってのは、一年間を
戦う体力を養う時期でもあるんだ。

他のDFとの連係は、これから練習と実戦を通じて改善するから良いが、
トゥーリオの動きの鈍さ、速さへの遅れは心配で、要チェックだと思う。
スポンサーサイト

テーマ:名古屋グランパス - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/633-8f12bb4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。