サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平田専務理事が早大大学院専任教授に就任

 日本協会の平田専務理事は、すでに2003年度から非常勤の客員教授を務めており、今回、新設された『スポーツ科学研究科』に専任扱いの客員教授に就任したのは、突然の抜擢だったというわけではないと考えられる。

 普通に考えれば、これは珍しいというよりも、明らかにおかしい事だ。
 なぜなら、一競技団体の有給の専務理事ならば、その職務に専念するのが本来の姿だからだ。専務理事という立場は、プロ・アマ競技団体を問わずに要職であり、担当する人物の能力が、その競技の存亡を決めるといっても過言ではない。

 つまり片手間で出来るとか、他と兼任するのは好ましくないポジションなのである。
つまり、今回の決定は異常な人事と位置付けられると見るのが普通なのだ。
 この事から、協会内部での平田氏の立場が伺えられる。
かつて「2003年・キリンチャレンジ」で招聘した対ナイジェリア戦の、マッチメイクのミスを各方面から指摘されており、その事務能力には疑問符が付けられていたのだ。

 平田氏は、過去の歴代の専務理事と比較しても、ほとんど表面に現れず、
協会として何を考え、どのような構想を持っているのか、また、それに対しての実務運営の実績がわからないのが現実である。

 川淵会長は積極的にメディアに登場するのだが、平田氏は地味なのか、それとも別の理由があるのか、疑問の一つに対する答えが出てきたと言える。

 専務理事の職務を全うする能力が無いか、あるいは専念するほど仕事が与えられていないならば、いっその事、早大の専任教授の方に専念した方が懸命ではないだろうか。

 
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/64-4f77d991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。