サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備登録7人の発表に関して

 W杯南ア大会に臨む日本代表23人以外の予備登録7人を発表した。

DF 徳永(FC東京)槙野(広島)

MF 小笠原(鹿島) 石川(FC東京)香川(C大阪)

FW 田中達(浦和) 前田(磐田)


見ての通り、7人とも代表23人と比較しても劣っているわけではなくて、
守備的な戦い方になる可能性が高いと予想されるゲーム展開や、岡田の
コンセプトへの融合性の高さ等の理由で23人に選ばれなかっただけだ。

 これで、ほとんどケチのつけようの無い30人が揃った事になる。
佐藤寿人が外れたのは当たり前で、以前、対バーレーン戦の記事で書いた
通り、守備をサボった怠慢プレーに対する岡田の怒りの激しさを再認識
すれば良いだけだ。
 人当たりの良さや、マスコミへの対応の良さ等の理由で、サッカー無知の
ジャーナリストには受けが良く、ミーハーサポーターの人気もあるが、
Jリーグでは得点出来るが、世界を相手にした場合、全く通用しない選手
なのだから、ガッカリする必要もない。
 長い間、ゲームを真面目に見ていれば、国内リーグでは活躍するが、
代表レベルの国際試合では通用しない選手の見極めが自然と出来るようになる。

 また【三浦カズ】や【ゴン中山】といったすでに終わった過去の人を
呼ばなかったのは、岡田にも最低限の良識と判断力があったのが判る。
これは代表メンバー発表後に取材に言った記者や新聞社のデスクのお遊びの
企画だったと思いたい。
 何を勘違いしたのか、川口がムードメーカー役で呼ばれた事で、
まるで自分たちにも可能性があるかのように錯覚したようだが、川口は34歳。
中山が42歳、カズが43歳。もし川口が44歳以上だったならば、
そういう考え方もあっても100%間違ってはいないが、二人とも自分の年齢と
昨今の公式戦でのプレーを振り返り、諦めるのが正常な物の考え方である。

一日も早く引退して、コーチ業かフロント業に専念するべきで、あるいは解説者
や評論家になるのが正しいサッカーとの関り方だ。2014年のブラアジル大会
には、コーチか裏方スタッフとしてW杯に参加する野を目指してほしい。

 あるいは二人とも、近い将来の会長か役員になる道も良いだろう。
もし、ゴン中山がサッカー協会の会長になったならば、
≪キャプテン中山≫と呼ぶ事には違和感を感じない人が多いんじゃないか。

とりあえずは、訳の判らない、頭がおかしい、狂ってる等と思われるような
人選は行っていないのが、岡田采配の中での僅かな救いといえよう。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/645-933869d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。