サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインが残って良かった

 準決勝のスペイン対ドイツ戦は、実力通り、スペインが圧勝した。
点数こそ1-0で最少得点差だったが、この数字が両者の実力を現わして
いるなどと思っている人は居ないはず。

 過去の大会で、ドイツは恐ろしくつまらないサッカーだが、
異常な勝負強さで、観ていて楽しく攻撃的なサッカーをする人気チームに
手段を選ばず、汚く見苦しく勝って、準決勝や決勝に出てくるというのが
お決まりのパターンで、W杯をぶち壊す懸念を抱かせるチームだった。

今大会は、勝つためだけのサッカーではなくて、積極的にイニシアチブを
取って、相手陣内に攻め込むアグレッシブな戦い方で好感を持たれて、
一気に評価が高まったが、準決勝では、先祖返りの薄汚い、手段を選ばない
スタイルになってしまったのが非常に残念だった。

 前半、あそこまで、極端に守備的な戦い方を選択するとは、W杯に対する
冒涜以外の何物でもない。レベルに差はあるが、日本の大学選手権や総理大臣杯
の準決勝の方が面白いに違いない。

もし、あのまま行って、カウンター一発でドイツが「0-1」あるいはPKに
持ちこんで勝ち残っていたら、最悪のW杯になっていた事だろう。

 イングランドのゴールを認めていたら、ドイツは逆転負けをして準決勝に
出てこなかった可能性もあっただけに、あの誤審は大問題だ。
 ウルグアイから来た一匹の猿を除いて、スタジアムやテレビの前の人達、
全てが、ゴール、もしくはゴールの可能性が高いと判断したが、大変に不幸
だったのは、その猿が副審だった事だ。猿を国際審判にしちゃいけないよ。

 ブラジルは、日本人審判のケチの付けようの無い公正中立なジャッジに
ナーバスになって自滅。アルゼンチンはメッシ任せと、個人技に走って自滅。
そしてドイツは、スペインの攻撃力をを警戒しすぎて自滅。

 とにかく、決勝戦が「オランダ対スペイン」になって本当に良かった。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/667-01cb0eb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。