サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010南アW杯・決勝戦

 W杯決勝戦は実力で上回るスペインの順当な勝利で終わった。
90分間で0-0、延長戦で1-0という結果は攻め合いを期待した
ファンには期待外れだったかもしれないが、十分に見ごたえのある
ゲームだった。

 戦術的にハイレベルなゲームだった。
オランダが美しいサッカーを捨てて、勝つ事に専念すると覚悟を決めて
挑んできた結果が、激しいボディーコンタクトとラフなタックルの連発で、
前半はかなり効果的だった。潰し合い、削り合いにスペインを巻き込む事に
成功し、ナーバスにさせたし、攻撃では、時折仕掛けるカウンターからの
「ロッベン」の高速ドリブルでチャンスを作った。攻守にわたりオランダの
ペースで前半は終わった。

後半はメンタルコントロール出来るスペインの落ち着いたパス回しの前に
オランダが徐々に消耗していくのが判った。

 スペインのサッカーは細かいパス回しで手数を掛けるのだが、そこだけ
注目してはいけない。バックパスは必要だからするのだし、足元から足元
へパスを通すのと、ワンタッチで簡単にはたく時も、そうした方が良い方を
選択している場合が多いのが判った。パスのコース、ポジションチェンジの
動き出しも同様である。そして全てのパスは何のためにあるかというと、
シュートしてゴールを上げるためにある。

日本の場合は、パス自体が最終目的のようになってしまい、そういった
ボール奪取からゴールまでの一連のプロセスの中でムダが多すぎるのだ。

 スペインの選手達は、ドイツやオランダが相手で、屈強な選手が至近距離
に居ようが、ラフファイトを仕掛けてこようが、落ち着いてボールを
コントロールして、周囲との連係も無難にこなしている。
 同じように、細かいパスを回して手数を掛けるサッカーでも日本の場合は、
ムダ、余計なパスが圧倒的に多いのが、ハッキリと判るではないか。

そして、サッカーは90分、あるいは延長を含めた120分で決着をつける。
そういうスポーツだという事。ドイツ戦・オランダ戦・極端に守備的な相手に
対して、前半は振り回して消耗させるだけでも構わないし、崩せる所を探す。
後半や延長戦で、ミスが出たり、得点するのは、そう行った積み重ねの結果
なのだ。

そいう眼でゲームを観たり、分析すると、更に楽しめるはずだ。



スポンサーサイト

テーマ:2010年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/668-8f1a56da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。