サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表監督人事の醜態について

 日本代表の次期監督選びが難航している。
大仁副会長は「見通しの甘さがあった事を認めた」
人選は焦らずに良い選択を行いたいと言うのは当然で、今後4年間を任せると
同時に、日本サッカーの育成に関しても仕事をしてもらいたいと望んでいる
ようだが、妥協が必要ならば妥協した方が良い。

 見通しが甘かったという言葉は、どういう事か。
今までは「紹介」だったが、今回は日本協会の力で交渉している事が、難航の
原因ならば、協会幹部の責任が問われるのは避けられない。
一体、何を基準にして見通しを立てたのか?他の協会の代表監督選考と交渉を
参考にしたのだろうか?

「焦らないでじっくりと交渉して決めたい」ってのは、正論だと思うが、
今ここに至っては、交渉締結が遅れている事の言い訳に過ぎない。
自分たちが甘かった事の失態を、耳触りの良い言葉に置き換えてるだけだ。

 まず、どこかで線引きを行うべきだ。
例えば、日本人コーチの採用に難色を示したならば、コーチ人事も一任するか、
あるいは見切りをつけて、10点満点ではないが別の人材で妥協する。
日本協会として譲れるラインを決めて、決断する時期が迫っている。
 ユース年代の育成に関しても、無理ならば諦めるしかないだろう。
ただし、なぜ当初の構想と著しく異なってしまったのかは、理由と責任の所在を
明確にしなければならない、そうしないと同じ事をまた繰り返す。

もし、犬飼前会長が、ブッフバルト以外の外国人監督候補と全く交渉する意思が
無かったとか、交渉時期に関して、遅れても大丈夫とタカを括っていた事が原因
ならば、解任された人物であっても、公にするべきだ。
 あれだけ独裁的に運営して、意見の事なる人を罵倒した人物だ。
次期監督選考の面でも問題があったならば、徹底的に糾弾して叩かねばならない。

「溺れる者はワラをも掴む」っていうけど、
≪溺れる者を棒で突っついて水中に沈めるんだ≫

それはサッカー協会の恥ではなく、正義の行動である。
そうしないと小倉会長、原技術委員長の責任と失態と永遠に記憶されるのだ。

パラグアイ戦で、せっかく新しい代表メンバーを選んでも、外国人監督が正式に
就任して采配を奮うようになり、メンバーが大幅に入れ替わってしまったら、
シラケルじゃないか。パラグアイ戦、グアテマラ戦の2戦が、単なる消化試合か
W杯応援感謝エキジビションマッチになってしまう。
 A代表のゲーム数も、海外組招集が出来るゲームも無限じゃないのだから、
自分たちの甘さを反省して妥協するのも一つの選択である。
≪自分達の見通しが甘かった≫って認めちゃったんだから、
≪ミスに対する言い訳もバレチャッタ≫
だから、プライドと体裁ばかり気にするのは止めなさいと言いたい。

あるいは、現在、Jクラブで采配を振るっている外人監督を選ぶならば、
今シーズン終了までは、Jクラブと代表監督の兼任を認めて、Jクラブに対しても
筋を通すべきである。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/673-fe719ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。