サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザッケローニとの契約条件に関して

 日本代表の監督がやっと決まったが、先の事は判らない。
交渉は、足元を観られたのかどうか判らないが、ほぼ、ザッケーロー二側の
要求が通ったようだ。

 日本協会や原は、当初4年契約で、ユースの育成にも関ってもらいたいような
意向を全面に出していたが、全て受け入れられなかった。
 ザッケーローニが4年契約を拒否して2年契約プラス2年のオプションという
形になったようで、このような契約は妥当と思うが、ひとつ気になるのが、
他のチームからオファーが来たら容認するという条件になっているらしい点だ。

 2年後、ユーロが終了後に、欧州の監督の市場が動く。
その時に欧州のクラブや協会から、自分の所にもオファーが来るのを見込んでるか、
期待しているか、あるいは売り込むチャンスが来る。そういう皮算用が働いている
のではないだろうか。
 そうなった際に、日本協会よりも良い条件の提示があったら、日本代表ではなく、
欧州の方を選択するつもりだから、4年契約を拒否して、自分に有利な条件提示を
行ったのであろう。

【再交渉するのではなくて容認する】のだ。

そういう点でみたら、「暫定監督」という見方がされるのも止むを得ないが、
2年間の契約期間中ならば違約金を取れるが、もしそうなった場合と、2年後に
備えて、次の監督候補の目星も付けておいた方が良い。
原も日本協会も、今回の契約交渉で良い経験を積んだはずだから、ザッケローニ後
の次期監督の選別と交渉には、それを活かして欲しい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/675-53eddfba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。