サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表メンバー発表

 対アルゼンチン戦、韓国戦に向けた代表メンバーが発表された。
ザッケは、今回はパラグアイ戦とグアテマラ戦をベースにしたという通り、
短期間でJリーグを観戦した判断で、少しだけ自分の色を出した選手選考
だった。おそらく来年のアジアカップでは、さらに明確に自分の色を出した
代表チームが編成されるだろう。

 今回、新しく選らばれたのが、関口(仙台)本田拓(清水)だが、
なかなか面白い選考で、この二人がどれだけやれるか楽しみだ。
本田拓は、清水の好調さを支えているが、五輪予選では素晴らしかったのを
覚えているだろうか。確か、対カタール戦だったか、ボランチで起用されて、
相手のトップ下のエースをどう抑えるかがゲームのキーポイントだったのが、
相手が下がっている時はゾーンで守り、カタールの攻めを寸断しピンチの芽を
積み、ペナルティーエリア付近に攻め上がって来たら、マンツーマンで着いて
見事に封じ切ったのが印象的だった。

 バカなスポーツ紙の記者が「ゾーンなのかマンツーマンなのかはっきりしない
守備で中途半端だった」等とトンチンカンな記事を書いていた。ボランチというか
守備的MFの場合、相手の中盤に強力でチームに影響力の強い選手が居たら、
そのようなゾーンとマンツーマンの併用で守る方法もあるのを知らないのだ。

それは頭の良い選手、戦術的にハイレベルな選手じゃないと上手く機能しない。
だから本田は戦術的に優れてると自分は、その時に評価した。

 また「橋本」「乾」「岩政」の3人が招集されなかったは当然で、
パラグアイ戦グアテマラ戦の2ゲームを観たら、誰でも理解可能のはずだ。
2ゲームについて書いた自分のブログ記事の拍手の数は少なかったが、もう一度
読み直せば、指摘した事は妥当な線だったと納得している。

 今野がCBをやりたいと発言したという話があるが本当だろうか。
辞めて欲しい。5月の埼玉スタジアムで韓国に惨敗したゲームでの2失点目、
今野のポジションは3メートル位、左に寄り過ぎてるためにカバーリングが遅れてる。
スルーパスを出された時点で置き去りにされてしまい勝負がついてた。
【これはテレビの画面では判らないかもしれないが、あの日、あのサイド、
特に横から見える位置で観戦していた人には、今野の動きや目線がハッキリ見えたはず】

以上は、「乾、橋本、岩政、今野」が好きか嫌いかという理由ではなくて、客観的な
見方、分析が出来たかどうかだ。適切な評価を下せる能力が誰でも身に付くので、
スタジアムで観戦する時には、ボールばかり見てないで、選手のポジショニングや
ボールの無い所での動きに注意してみる事をお勧めしたい。






スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/681-b9a51005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。