サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!アルゼンチンに歴史的勝利

 アルゼンチンに完勝だった。

キックオフ直後のミスを突かれて失点していたら、その後の展開は全く変わり、
アルゼンチンに余裕を持ってやられてしまっただろうが、上手くしのいで、
本当に良いゲームを見せてくれた。

 攻撃も守備も満点ではなかったが、このゲームに関しては合格点をつけたい。
日本の良かった点は、全員の攻守の切り替えが早く、チームの勝利の為に動き、
走り、闘ったという事だ。最初の5分間はアルゼンチンの速さに対して戸惑いが
見られた。パスの出し所がなく押し込まれ、プレスを掛ける場所やタイミングが
バラバラだったが、すぐに対応出来たのがその後の健闘に繋がった。
メンバーの大半が海外組で、厳しい経験を積んでいたのが幸いしたと思う。

 ボールを奪った時点で攻撃が始まっており、手数を掛けずにボールを前に
運んでいたし、縦のパス、それも効果的な物が多かったのが印象的だった。
本田、香川、森本のボールを持てる3人の間のパス交換と、長谷部と長友が
絡んだ攻めは、なかなか見応えがあった。今までの日本サッカーのレベルから
一段飛躍したと評価したい。

 守備は最大の不安だったが、実に素晴らしかったし、日本選手の戦術的な
レベルの高さを感じた。今野は無難にCBでリーダー的な役目をこなした。
この日は一人、スイーパー的なポジションをとる事もあり、アルゼンチンが
中央突破を仕掛けてきた時のポジショニングも良かった。何度か振り切られた
シーンもあったが、相手が凄すぎたのと経験がカバーしてくれるはずだ。
 また栗原は、最大の収穫だった。特に後半、裏をとられる直前の所で、
何度もクリアーしてピンチの芽を摘んでいるし、スルーパスもカットと、
いった具合で、A代表の経験を積む事でさらに成長するのではないか。
トゥーリオと中沢の後継者としての期待が高まった。

 それとライブで観戦した人は気がついただろうが、アルゼンチンの攻めが
ドリブルとショートパスによる中央突破が大半だったのが幸いした。
長谷部と遠藤が正面のバイタルエリアのスペースを消して、壁になっており、
二人のボランチとCBのブロックにアルゼンチンが面白いように掛っていた。

 ただ、ザックの指示通りとはいえ、ボールの無い逆サイドは、相当スペースが
出来ていたから、もし、両サイドに攻めの起点を置いて、両サイドから徹底的に
崩そうとしてくるチームが相手の時にはどうなるだろうか?
 またフィジカルが優れている相手に、パワープレーを仕掛けられた時に、
このメンバーで持ちこたえられるかどうかも不安だ。

 そういう点を考慮すると、次の韓国戦が非常に重要になってくる。
泥臭くて、強引にパワープレーに出てくるし、両サイドに起点を作る事も
出来る相手だから、守備面で対抗出来るかに注目したい。

アルゼンチンのコンディションやメンバー編成には色々と問題はあっただろうが、
この歴史的勝利をライブで観戦できた事を素直に喜びたい。






 

 

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/683-e8a29065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。