サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルゼンチン戦での選手個々の評価

対アルゼンチン戦での選手個々の評価をしてみる。

GK
 川島は安定していた。何度かあった危ない場面もナイスセーブで防ぎ、
W杯出場の経験が確実に活かされているようで、欧州行きで、さらに成長
したのではないか。

DF
 今野、栗原、長友は十分に合格点をつけられるが、課題はアルゼンチンとは
違ったスタイルで攻めてくる相手に対しても通用するかどうかだ。
強豪を封じ込めたから、全てどんな相手にも対応できるとは限らない。
世界ランクや実績ではなくて、相性の善し悪しや苦手なタイプ等と対戦した時に
どうなるかをチェックしよう。ただ一人、内田は不安定だった。攻めに出た時、
前にスペースがあってもボールをもらう動きも見せず、ドリブルすべきなのに
行かずに、誰に合わせるのか判らない中途半端なクロスを入れてしまい、
何か迷っているようなプレーだった。

MF
 遠藤と長谷部は素晴らしかった。攻守に貢献していた。
W杯の時にオシムが、俊輔を出さないと遠藤が活きないと発言してたが、それは
ポゼッションサッカーを念頭に置いた発言だと思うし、確かにそれまでの遠藤の
プレーを見ていると、そう感じる場合が多い。パラグアイ戦、アルゼンチン戦と
以前のように、軽率な緩いバックパスや横パスを出してカットされる危険な
場面もあったが、その欠点よりも、最近の遠藤は、速い球離れと鋭い縦パスを
出せるプレーヤーだと証明して、相手にとって嫌な選手になっている。
W杯での岡田の守備的采配から新生ザックと、強い守備をベースにして速攻を
繰り出すスタイルにも見事に順応出来ている。

本田は得点は無いが、がボールを持つと相手が神経質な位に警戒している
のが判る。本田がバイタルエリアに入るとアルゼンチンは二人が壁を作って
SHコースを塞ぐ守り方をしてきた。本田の判断が遅いとか、SHへの意欲の
問題ではなくて、相手が本田にはSHを打たせない、特に左足では。
そういう対応の仕方をしてきている。SHしないのを批判するのはお門違いで、
むしろ、中盤でパスを受けた時にプレッシャーを掛けられると、周りの選手を
使って打開する上手さを見せた点を評価するべきだ。

香川のキープ力は通用した。アルゼンチン相手に簡単にボールを奪われずに、
手こずらせていたのだが印象的だった。

FW
森本と岡崎は前線からの守備での貢献度が大きく、ひたすらやみくもに走り回る
のではなくて、楽にパスを出させないように追い込んでいるし、攻めになった時の
動きだしも、位置どりやタイミング等に工夫の跡が見える。この辺りはオシム体制
の頃の攻撃陣よりも比較しようの無いほどに優れている。ザック体制になって
イタリアのカウンターアタックの手ほどきを受けたのであろう。

 関口は今までの新人と同じようにA代表の試合の経験不足を露呈して、
ピッチに居ただけだったが、才能を評価して期待するならば、徐々に出場時間を
増やしてあげれば良い。前田はあのSHが決まっていれば、相当に自信を深めた
だろうが、短い時間で仕事をこなせる可能性を見せたのだから、次も期待したい。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/684-be0bdb8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。