サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い流れを作った犬飼前会長の愚行を未来永劫忘れない

 U-19アジア選手権で完敗してU-20W杯の出場権を逃がした事で、
田島は現在のJリーグのゲーム優先で、メンバーを落とす選手選考の見直しを
示唆したが、当たり前の事、常識の一端を示したに過ぎない。

 これで2大会連続でU-20W杯出場を逃すという大失態を演じたのだ。
そもそもの切っ掛けは、前回のU-19アジア選手権で、犬飼前会長が
ユースの大会は育成目的だから、本大会に出場しなくても構わないとして、
ベストメンバー編成をキチガイのごとく強引、強硬に拒否して、Jリーグ勢の
主力をメンバーから外すよう、独裁的な強権的暴言を行った事にある。

悪い流れを作った責任は誰にあるか。。
これは、【独裁・非常識】な運営と【反対者への絶叫罵倒】を特技としてきた、
ヒトラーも真っ青の 【犬飼前会長】に全面的にあるのは、バカでも猿でも、
どんなに無知な人間にも判る、人類の歴史上でも最も明白な常識である。

この件に関しては、犬飼が物凄く悪い!
責任と原因の所在は明確にしておく必要がある。


犬飼は【代表選手達にはU-20W杯と同等の経験を与えると豪語したが】
代替大会の開催や経験の場を実行する意思など全く見せずに退任した。

したがって、日本協会は、この件に関しての釈明を求めるべきである。
もし釈明もせず、経験の場も用意しなければ、サッカー愛好者のみならず、
全人類から、犬飼は大ウソツキだと罵倒されて村八分にされても、
黙って受け入れねばならないのだ。

 南アW杯を見ても判るように、U-20やU-21の大会での経験は
フル代表の道に直結している。U-20は育成の場ではなくて、
W杯本大会への強化の場になっているのだ。
時代錯誤で、時代遅れの判断力しか無かった人物に会長というトップの座を
任せ、独裁的運営と暴言乱発の権力を与えたのは、日本サッカー界の恥である。

犬飼!早くU-20W杯の代わりの経験の場を用意しろ!
いつまで待たせるんだ!
実現するまで、ず~っと言い続けて、書き続けてやる!



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/686-1c4e13c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。