サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルディはホームタウンを23区内に移転してほしい

 東京ヴェルディにスポンサーが付いて存続が決定したようだ。
親会社やフロントから読売色が一掃されたのだから、これからは
アンチ読売とは切り離して、このクラブを見守って行けば良いと思う。

 ホームスタジアムは「味の素」というのは、スタジアム側の事情も
あるから、変更は難しいのかもしれないようだが、今後の事を考えたら、
一考するべきと思う。

 このクラブの最大の課題は「地域に密着する意思が無かった」事に尽きる。
東京のほぼ全地域をFC東京に制圧されている上に、町田ゼルビアが昇格
すれば、小田急線の沿線と、町田周辺に一部神奈川県もサポートエリアに
入ると予測しておいた方が良い。

 FC東京と話し合って住み分けを決めるとか、噂のある練馬区のスタジアム
建設の動向次第でホームタウン移転も悪くは無いだろう。東京23区内を
ホームとするJクラブが無いのは、東京都のサッカー熱を盛り上げる上で、
大きなハンディになっている。東京と言っても区部の23区と三多摩地区では、
横に広がっていて東と西に分離しちゃってるような感覚で意識を共有出来ない
部分が多いのが実情だ。

 何度も書いているように、東京をホームにするJクラブは、23区内の
下町と山の手、三多摩地区と出来れば3チーム欲しい。
今は、FC東京、東京ヴェルディ、そしてJを目標とする町田ゼルビア、
JFLの横河と全部三多摩地区だ。

 もし練馬が実現したら、例えば、東京の練馬、杉並、中野、豊島区、
それと西武線沿線の埼玉県をターゲットにすれば良いのではないか。
この辺りは東京でも元々サッカーの盛んな地区だったから、地元クラブは
歓迎される可能性が高い。出来れば西武がスポンサーになってくれたらと思う。

 プロ野球の読売の人気を支えているのは、お祭りが好きで地元意識が強い
東京の下町だ。地方の人には東京と言うと華やかな大都会のイメージがある
かもしれないが、東京の下町では、読売は庶民のチームとして愛されている。
町工場や小さい商店や住宅が密集していて、結して上流階級ではない地域で
一般庶民が底辺で人気を支えている。それが読売の、そして野球の隆盛に
繋がったのは歴史的事実だ。

 もし、下町にJクラブが出来たら、野球が好きな中高年世代も、周辺の
商工会議所や役所も、サッカーへの対応が激変するはず。
 スタジアムを作る場所がないという最大の問題があるが、それをクリアー
出来そうな可能性があったら、どうしても下町には必要だ。

スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/687-7083694a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。