サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休む勇気を持つ事も必要

 アジアカップを控えて、代表のCB陣が非常事態になってしまった。
「栗原」が負傷、「中沢」も今期絶望、「トゥーリオ」も故障持ち。

 とりあえず実績があるのが「今野」だけという惨状だ。
「吉田」を招集出来れば良いが、連係が十分ではないのが致命的で、
U-21の「山村」も同様に経験不足で、しかもアジアカップに向けた
代表の合宿期間も短いのだから、このままでは、欧州組で一番必要な選手が
「阿部」かもしれない。

 アジアカップでの3位以内という目標達成が困難になったのは明らかで、
このままでは、若手に経験を積ませる場という位置付けになってしまう。
確かに良く解釈してプラス面を上げれば、経験を積ませられる事なのだが、
アジアカップの前に、新しいメンバーの組み合わせで、親善試合を行う場が
必要ではないか。

 この教訓から学ぶ事がある。
サッカーに限らず、プロスポーツ選手は、身体が資本だし大切だという事。
ケガや病み上がりでコンディション不良の状態の時には、強引に出場する
のではなくて、休んで回復を優先させる勇気を持たなければならないのだ。

 ゲームに出たい気持ちは判るが、たかが親善試合や格下の相手の時には、
休養に努めておいて、重要なゲームや大会の時には万全のコンディションで、
悔い無くゲームに臨める。そういう選手になるべきではなかろうか。

もし、来年の一月に行われるのがアジアカップではなくてW杯本大会だったら、
中沢もトゥーリオも、どんなに後悔するだろうか?時間は元に戻せないんだ。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/691-c15016ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。