サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都と湘南のJ2降格決定

 京都と湘南のJ2降格が決定したが、あのような惨状ではやむを得ない。

ここ数年の「降格候補のクラブ」の傾向として、リーグ戦の終盤に入ってから
異常な頑張りを見せて上位陣との対戦でも善戦健闘するゲームが目立ち、
もっと前から、このような内容のゲームをしていれば、こんな争いには加わら
ずに済んだのにと、周囲やサポーターを悔しがらせる事が多かった。

 だが京都と湘南は、この時期に至っても選手に覇気が感じられず、ただ惰性で
ゲームに臨んでいたような雰囲気を感じる。ズルズルっと負け続けていくだけで、
「FC東京」「神戸」「大宮」それに「山形」などのように、降格ライン脱出の
強い意思と必死さが全く伝わってこなかった。

 京都は監督選任の時点で間違いを犯している。
加藤久は研究者としては超一流だが、Jクラブの監督としての実績は評価できず、
秋田もまた同様に、途中交代での事績が無く指導者としての能力も未知数だ。
したがって、このような人事を行ったフロントの責任は重い。
サッカーの素人ではないか。

 湘南は負傷者続出というハンディが大きかったようだが、シーズンオフの
フィジカルトレーニングと開幕してからのコンディショニングに問題は無かったか、
要チェックだ。それに選手個々のメンタルも問題で、レギュラークラスが負傷して
自分が出場もしくはベンチ入り出来たら、神が与えてくれたチャンスなのだから、
「シメタ!」と思わなければ行けない。自分のポジションは誰にも渡さないという
意思があっただろうか。

レギュラークラスに負傷者が出たらチャンスなんだよ!!!
サッカーで生計を立てている事、プロサッカー選手の寿命は短い事を自覚してほしい。

クラブ関係者やサポーターは、お通夜みたいな状況かもしれないが、一つの考え方
として、1年早くJ1に昇格して痛い目にあっただけだと解釈して、今シーズンの経験を
来シーズンのJ2と、再度J1に昇格した時に活かせれば良いのではないか。



スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/692-3efa326c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。