サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!女子代表・アジア大会・金メダル!!!

アジア大会で女子代表が北朝鮮に勝って金メダル獲得

 昨夜は久々にテレビの前で興奮した。
北朝鮮とは、ここまでの対戦成績と内容で判断すれば、勝つのが難しい
というより、勝てそうもない相手だったから、どこまで食い下がれるか
、幸運の女神が微笑んで勝利を物に出来ればと思っていたが、その通りの
結果になったようだ。

 準決勝の中国戦でも、決勝の北朝鮮でも日本にはツキがあった。
完全にやられたと思った場面でも、ほとんど日本側に有利に働いたのは、
日本が優勝する為の大会みたいだった。サッカーの歴史の中には、
このような事があるのは珍しくないが、その幸運は日本の選手達の努力と
健闘が呼び込んだものと思いたい。

 決勝の北朝鮮戦では、中国戦同様かそれ以上に苦しい展開だった。
中国よりも前線と中盤のプレスが速く厳しく組織化されており、DFから
のパスもクリアーボールも大半が拾われて、攻め込まれた時には、速攻と
二列目からの飛び出しに対して、ギリギリで対応していたので、どこまで
持ちこたえられるかという状態だった。

 全員が守備で本当によく頑張った。
フィジカルでもかなり抵抗出来ていたし、守備面での辛抱強さと粘り強さと
そしてメンタルの強さを称えたい。北朝鮮との競り合い場面では、男子より
も勇敢に向かって行ったのではないか。
 得点後は日本の安定性と技術の高さと駆け引きの巧みさが随所に見られ、
面白いようにあしらっていたのが実に愉快だった。
 
 沢に金メダルを獲らせてあげる事が出来たし、新キャプテンの宮間が
あらゆる面で、その地位に相応しい仕事をしていたのが印象的で、沢の
後継者として安心して任せられるようになった。

岩清水を中心にしたDFラインは不安定な場面もあったが、簡単にシュート
コースを開けさせなかった点は高く評価したい。勤勉性と犠牲的精神を
持った4人をうまく揃えたのではないか。攻撃参加は物足りなかったが、
DFはまず守備が大切だし、特に北朝鮮のような格上の相手の時には、
いかに守りきるかを最優先に考えるべきだから。
大会を通じて無失点を誇りに思ってもらいたい。

 北朝鮮は、明らかにメンタルコントロールに問題があった。
あれだけ押し込んでいながら、失点した途端に焦って慌ててしまい、
イージーミスをしたり、前に急ぎ過ぎたりといった調子で、日本の中盤に
余裕を与えてしまい、それまで北朝鮮のリズムでゲームを支配していた
のが、完全に日本の流れになってしまった。
スローインのジャッジに対して監督が不満を表しボールを叩きつけたが、
あれはイエローかレッドの対象になってもおかしくない。

また表彰式では、メダル授与後の、国歌吹奏、国旗掲揚の際に、表彰台の
北朝鮮選手たちが、国旗掲揚台の方に身体を向けないでうつむき加減で、
正面を向いたままだったのが印象的だった。相当ショックだったのが伺い
しれるが、こういう場面で、敗者としての立場を受け入れる精神面での
心得が出来ていないのが鮮明になる。北朝鮮は「良き敗者」にはなれない。

 金と銀では、その後の待遇が大きく異なるのかも知れないが、
非常に残念なことである。選手個々を見れば運動能力は高いしサッカー
の才能もあるし、しかもまだ若い選手が多いのだから、「勝負の世界」は
勝つ事ばかりではなくて、負ける時だってあるのを受けいれるような
考え方を持ってもらいたいし、その方が精神的に余裕や安定性が出てくる。
そしたらもっと強くなるはずだ。

 今回のアジア大会は日本の女子サッカーが新たな歴史を築いた大会として
記憶される素晴らしい大会となったのを祝福したい。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/695-ffbc5369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。