サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2022年W杯開催の選定に関して

 すでに各方面で伝えられているように、2022年のW杯は絶望的な
状況らしいが、「まさか!」といよりも「やっぱり!」という感想を
持った人が多いと思う。

 スペインとポルトガル、それにカタールの間で票の受け渡しを行い
カタールが7票確保したという裏情報は既報済みだったが、その通りの
結果になるようだ。

 当初から2018年はイングランドが有力だったし、2022年は
FIFAの評価によればアメリカが断トツだ。これは、アメリカに投票
してほしいという意向というか要望みたいなものと受け止めたい。

共催のスペインとポルトガルが猛烈な巻き返しを行い、それにカタールが
首を突っ込み、それぞれの思惑が一致して手を組み共闘したという構図が
見えてくるではないか。
 おそらく、日本と韓国を除くアジア・中南米・アフリカの票を固めて、
欧州の票を崩して、2018年はスペインとポルトガルの共催に、
2022年はカタールでという戦略を進めているに違いない。

その中で、買収等の不正が行われているのを嗅ぎつけたBBCが疑惑を
暴いて報道している。しかし、公然の秘密だった不正行為が公に明るみに
出される事が、理事やFIFAの反感を買っていると思われる。
今回、新たに名前が挙がった理事は2002年の開催地選定の際にも、
色々と黒い噂が上がった人物ではないか。

サッカー界の発展の為や、世界中の子供達の為や、選手が良い環境で、
プレーを行い最高レベルの大会にする事よりも、投票権を持っている理事
に、どんな利権を提供出来るかで勝負が決まってしまうのだ。

 次世代W杯の構想とか、世界中の子どもを本大会に招待する事なんか
票に結びつかないという事だが、これは当たり前の事で、投票権を持っている
のは、FIFA加盟国全体ではなく、ましてや子供たちではない。
様々な特権を持ち、サッカー貴族、スポーツマフィアみたいな22人の理事を
いかに取り込むかで勝敗が決まるのだ。
 日本のように綺麗事を並べて真正面から正攻法で選挙に臨むのが「ピエロ」
に見えてくる。立候補国の利権がらみの裏工作、FIFAの強制とも言える意向。

それは2002年の時に嫌というほど思い知らされたはずだ。
日本協会は2002年の時の教訓を全く活かしてない。

それにしても、日本のように正しい選挙を行う立候補者が決戦に残るのが
奇跡的な状況とは嘆かわしい事だが、もうこれはスポーツではなくて政治の世界だ。
国際政治の縮図みたいな状態の中で、お人好しでバカ正直な日本人が選挙で惨敗。
ある意味、当たり前の事かも知れない。


スポンサーサイト

テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/699-ef0f9039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。