サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表選手待遇改善に関して

 代表選手の待遇を巡って、選手会と協会が対立しているが、
双方とも、自分達に都合の良い数字や事例を挙げて要求や意見を伝えている
のが現在の状況である。
 例えば、代表選手の勝利給の金額に関しては欧州のトップクラブの金額を
提示したり、韓国代表の例を挙げている。またW杯の分配金の比率に関しても
オーストラりアやアメリカとの対比をしている。

しかしだ、欧州のトップクラブと日本代表とでは置かれている環境も目的も
異なる。比較するならばクラブではなくて代表を扱う協会の方が近いし、
それも参考程度にするべきだろう。

 W杯分配金に関しても、なぜオーストラリアやアメリカなのか?
全ての参加国との比較を行うべきではなかろうか。日本が最低レベルなのか?
同様に、なぜ欧州のトップクラブだけを例に挙げるのか?その根拠を提示する
事によって、説得力を持つのではなかろうか。
 またJクラブの勝利給の金額も出しているが、各クラブにはそれぞれのポリシー
があって財政状況が異なるのだから一概に比較すべきではない。

 選手会側が自分達に都合の良い要求ばかり出しているのに対して、協会側は
選手の年金や退職金などに関しては、理解を見せているのは注目するべきで、
一握りの代表選手だけでなく、プロ選手全体の生活を考慮しているのが判る。
 肖像権料に関してもクラブに還元していると伝えられているが、選手会側の
当初の要求を鵜呑みにしたら全額を協会が得ていたのかと誤解が生じてしまう。
この件に関しては、協会対選手だけではなくて、クラブとの交渉も必要である。

今後は、どこで妥協点を見出すかだが、余計な雑音を排除するのが大切である。
すでに各メディアの報道を見ていると、言っていない事や事実と違う事が
出てきており、混乱に拍車が掛る危険性がある。

 日本協会は、エキセントリックな記事を書いたり、対立を煽って騒動と混乱を
拡大させるような記事を書いた、フリージャーナリストやメディアに対しては、
来シーズンからの記者証の発行を停止する強硬手段を取る事を勧めたい。
また選手会の幹部も、取材拒否という手段に出るべきである。

 妥協点だが、代表戦での選手の負傷に対する補償などは十分に可能ではないか。
また、勝利給に関しても協会側が譲って何%かアップしても良いだろう。
ただし、国際大会でのチャーター機の利用や、メディカルスタッフや栄養士や
コックの帯同等、他国では実施していない国もある優遇策に関しては、選手会側
が理解する必要がある。自分達が与えられている金銭面意外に、優遇されている
部分の理解が明らかに不足しているではないか。

選手会側が欧州のトップクラブや協会と同様の待遇を要求するのならば、
同じレベルのゲームを行う義務があると思ってほしい。また2014年のブラジル
大会では、ベスト8ではなくて優勝候補として、世界のメディアとサッカー関係者が
日本を挙げるような存在にならなければいけない。 
 また今後の全ての国際試合で、チャーター機を利用しないとか、コックを帯同
せずに割り当てられた宿舎や食事で我慢している、あるいは日本よりも出場給や
勝利給が低い。そういった国との代表戦では絶対に勝たなくてはいけない。

選手達は金銭面以外の部分では恵まれている点もあるのを自覚してほしい。

また一部で報道されている、選手会費の使途に関して、明朗にする方が望ましい。
協会側も、今回の出来事を切っ掛けにして「協会事業や支出」に関して、
全面仕分けを行い、ムダを省き節約出来る項目は無いか。またサッカー協会ではなく
本来は、政府や自治体や教育委員会が行うべき案件に首を突っ込むのを辞めて、
そのような方面への予算を削り事業を廃止すれば、財政的な余裕も出てくるはずだ。




スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/702-68dff0d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。