サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手会側はかん口令を敷いた方が良い

 代表選手待遇改善騒動に進展がみられた。

日本プロサッカー選手会は、
「日本代表試合をボイコットするなどの決定を行った事実は一切なく、
あくまで協議による解決を目指している」との文書を発表したという。

これは一体全体、どういう事なのか?
スポーツ紙各紙によれば「親善試合のボイコットによる徹底闘争」が選手の
間で半ば公然と語られており、協会が選手の要求に屈しなければ、現実に
なるのは当たり前みたいな雰囲気が蔓延していたではないか。

選手かスポーツ紙のどちらかが大ウソをつき、大ボラを吹いた事になる。

文書を注意して見ると「選手会はボイコットするなどの決定を行った事実は
一切なく」と書いてある。つまり【 決定 】はしていないが、選手の中の
誰かがマスコミに向かって発言したかどうかは否定していないのが判る。

推測だが、選手の中で不満を積もらせている者が、スポーツ紙の取材に対して
【正直に】自分の本音を喋ったのではないか。それでボイコット話が突出して、
いつも選手の側に立って記事を書くスポーツ紙が派手に取り上げて、ドンドンと
騒動が拡大してしまったのであろう。 

また選手会は「日本代表選手は優勝に向けて最大限尽力する。要望している
事項が受け入れられないためにモチベーションが下がることなどはない」とした。

これまた、どういう事か?
合宿にはたったの10人しか集まらずに寂しい状況下の練習のような報道が
されていたではないか。まるで選手個々のモチベーションが大幅に低下して、
アジアカップは前途多難、全力が出ずに惨敗の危険性があるようにスポーツ紙は
煽ったではないか。

しかも協会の発表を信じれば、南アW杯では勝利給を倍増したというではないか。
20年近くも勝利給が同じと言う選手会側の言い分は真っ赤なウソになってしまう。
そもそも、18年前と変わってないのがおかしいというが、ちょっと考え方を変えて
みたらどうか。18年前がもらいすぎてたと思うのが正しいのではないか。
18年前というと1992年だ。Jリーグ誕生して開幕前年を控えて盛り上がり、
しかも1994年W杯で、本大会初出場を目指して、多少赤字でも勝利ボーナスを
奮発しても良いという雰囲気があった。まだ日本全体が【サッカーバブル】で
湧きあがっていた頃の話だ。

協会は今よりも財政的に潤って無いのに、そういう状況だったから、無理をして
勝利給を奮発したと考えるのが妥当ではないだろうか。

 この騒動を見ていると選手や協会が直接交渉していない、特に選手会側が肖像権
の分配で、当初の段階で事実と異なる事を言っていたし今回の南アW杯の勝利給の件も
食い違っている。その上「ボイコットの決定はしてない」と言いだすなど、
当初の強硬姿勢から大きくトーンダウンしてきてるように感じる。

まず選手会と協会の双方が、交渉を有利に勧める為にマスコミを利用して、
事実と違う事を発言しない事を望む。すでにボイコットという言葉が独り歩き
して混乱と不安が生じているように、まとまる話もまとまらなくなる危険性がある。

そんな事は絶対にないと思うが、この騒動の裏で、もし売名や金儲けの目的で絡み
選手会を煽っている者が居たとしたら大問題だと思う。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/703-6e48a6d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。