サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯決勝戦、鹿島対清水から学ぶ事

 恒例、元旦の天皇杯決勝は「鹿島アントラーズ」の順当勝ちに終わった。
両クラブとも、負傷者が出た関係でベストメンバーではなかったが、
結果的に総合力の差と勝負強さで上回った鹿島が点差以上の力の差を見せて
勝ったという事だ。

 両クラブの最も大きかったのがDF、特にCBの守備力の差だった。
また、途中出場の選手の駒の豊富さでも明確な差が出ていたし、スタメン
時のフォーメーションの選択が、このゲームの大きな流れを決定付けたと
思える。

 「自分達のいつものやり方で勝つ」というと聞こえは良いし、正々堂々と
した闘いぶりだと好意的に評価する人も居るだろうが、それは間違っている。
間違っている事を証明したのが、この天皇杯決勝だったと位置付けて良い。

 清水は2人のCBが裏を取られると非常に危険な状態だったし、実際に
対応力が弱点だった。にも関らずに4-4-3システムで、中盤の3人の
うちの二人が攻撃的なポジション取りと動きに比重を置きすぎてしまったのが
中盤で鹿島を優位に立たせてしまった要因である。しかも、鹿島にはボランチに
経験豊富で駆け引きに巧みな「小笠原」が居る。

後半、やっと4-4-2、それも中盤の4人を鹿島に対応するような扇形に
変更した事で、守備陣の崩壊を阻止できたのだが、ゲーム開始当初から、
このようなシステムで臨むべきだったのではないか。ただ、評価したいのは
長谷川健太は修正能力のある指揮官で、学習能力のある人物だという事だ。

リーグ戦ではなく、カップ戦では「自分達のやり方で闘う」のではなくて、
その時のチーム状態と、対戦相手との戦力の相対的比較の分析次第では、大幅に
修正する事が必要だと思う。明らかに総合力が戦力が劣っているチームが、
正々堂々と全面に出て正面からまともに打ち合うのは、誠に愚かな事だと思う。

 と言うわけで、今回の天皇杯決勝は、内容は例年よりも少し低調だったが、
「戦術の選択」や「修正能力」それに「判断と決断」という事を勉強する上では、
実に有意義なゲームだったと高く評価したい。
もし、将来スポーツジャーナリストや監督になりたいと希望する人が居たら、
そういった点に注意して録画を見直すと参考になると思います。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/704-643faae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。