サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京とジュビロをどう見るか

  FC東京・正義の勝利!

 正義という表現に抵抗や疑問を感じる人も居るだろうが、私は東京が好きでジュビロが嫌いだから当然の表現だ。正確に言うとジュビロというよりも、有利な判定を下す審判や周囲に群がり正確な報道をせずに、媚びてるマスコミやジャーナリストどもが嫌いだ。

 それにしても今日は快勝・完勝・美味い酒が飲めるぞ。
今年、行なわれたJリーグ・日本代表等のゲーム中、最高のゲームじゃないか。

東京はジュビロとの相性が悪いというか、はっきり言って実力の差で負けてたんだが、これで完全に逆転したと判断して良いのではないか。

 東京は、リアクションサッカーで、ボール奪取してから手数を掛けないで速攻を繰り出すスタイルだったのが、今シーズンは、パスを繋いで攻めるスタイルに脱皮するというのを聞いて、正直な話、悲観的だった。
 
 そのようなスタイルを目指すならば、もっと技術レベルが高くないと無理で、今の東京では高望みではないかと思っていた。実際、年齢的に上の選手は現時点で、いっぱいいっぱいで、プレスを掛けられると危ない場面が目立つ。

 しかし、さすがに若い選手は≪伸びしろ≫が大きい。
今は、イージーミスや判断ミスで、せっかく良い雰囲気なのにリズムを崩したりピンチを招くシーンを作るけど、そういう経験を積重ねて若手は成長していくものだ。
 だから、今、積極的に起用されてる若い選手の数年後が本当に楽しみになってきた。
 特に『梶山』は、日本代表候補に入っても不思議じゃない才能の持ち主だから、ジーコ後の監督には期待したい。

 逆にジュビロは悲惨だ。
スタメンや控えメンバーを見れば一目瞭然で、黄金時代の中心選手が、もうピークを過ぎて衰えてるのに、いまだに主役で前面に出てる。これは世代交代に失敗したという証拠なんだ。

 NHKのアナウンサーは、昨年あたりは、パスが回らないと、『ジュビロらしさが有りませんね~』と何度も発言したのだが、これっておかしいのに気がついた人がどのくらい居るだろうか?
 「藤田」「高原」「グラウ」が抜けて、「中山」「服部」「名波」「鈴木」が衰えたら、戦力がダウンするのは当たり前。それに代わる若手や中堅が彼らと同じ能力があって、同じレベルのサッカーが出来なければ、『ジュビロらしさが無くなる』のもまた当然なんだよ。
 いつまでも、黄金時代のイメージが残ってるから、『ジュビロは強い』『ハイレベルなサッカーをしている』と決め込んで発言してるのだろう。

 さすがに今日のゲームでは、このオバカな発言は出なかったようだが、そろそろ、眼を覚ましていただきたい。
『ジュビロらしさが無い』のではなく、『ジュビロの時代が終わった』とか
『もう昔のジュビロではない』と表現するのが正しい。

 今日の「FC東京」と「ジュビロ磐田」のゲーム内容は、昨年までとは完全に逆の展開になってしまい、両クラブの栄枯盛衰を象徴するような歴史的なゲームとして記憶しておこう。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/71-b0173959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。