サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!アジアチャンピオン!

 我が代表チームがオーストラリアを破って優勝アジアチャンピオンに輝いた。

オーストラリアは高さとフィジカルの強さを徹底的に活かした闘いで臨んできた。
守備面では、日本の生命線である中盤で、速く厳しいプレスを仕掛けて、
機能させない事を、攻撃面では早めに両サイドに振って、正確な高めのクロスを
「ケーヒル」「キューウェル」のツートップに合わせて日本の弱点である高さの
勝負を挑み文字通り力で押しつぶそうという作戦だった。

 ザックが取った采配はマジックに見える人も居るかもしれないが、理に適った
常識的なもので、評価されるのはリスクを冒してでも勝負に出る決断が出来る
人物だということではないか。

 前回の記事で指摘した通り、岩政を入れて吉田とCBのコンビを組み今野を
サイドに回したのは、高さで攻め込んでくる相手には当たり前の采配で、交代
したのが、この日香川の代役でスタメン起用された「藤本」が何も出来なかった
のだから、もっと早く交代させても良かったかもしれない。
 それに伴い「長友」をMFに挙げたのも、賭けでも意外性でも無くて、ザックが
就任当初に、3-4-3システムで、長友のMF起用を示唆する発言を行って
いたのだから、一つのオプションとして構想にあったはずだ。
 あれだけ運動量豊富で前線まで飛び出し、攻撃力のあるサイドバックならば、
前に挙げるのは予想可能な範囲の采配であり、ザックでなくてもあり得る選択肢
の一つなのだ。
 そして疲労で動きが鈍くなった前田を引っ込めて、李の投入も、得点する為に
必要な選択だった。「高さのある選手を交代させる迷い」があったようだが、
ここで守備よりも、攻撃=得点する。というリスクを冒して勝負に出たのだ。

ザックが勝負師としての側面を見せて、それがズバリと当たったという事だ。
イタリアでは過去の人という評価がされていたようだが、長期間にわたって
「幸運」を使わずに蓄積していたのかもしれない。

オジェックの采配も戦術も単調でリズムの変化が貧しく、あれではツートップが
押さえられたら得点するのに相当、苦労すると思われる。MFでワンクッション
入れて変化させる事の出来る選手、例えば中村憲剛のようなタイプの選手が居て、
周囲とのコンビが合ったら、もう一段レベルアップしたチームになれると思う。

 オーストラリアでイエローカードを受けた選手は
16「バレリー」14「ホルマン」17「マッカイ」といずれもMFである。
日本との中盤での競り合いと岡崎の飛び出しに悩まされたのが判る。 

勘違いしてはいけないので指摘しておくと、このゲームに関してだけ言えば、
内容的には大敗してもおかしくなかったと冷静に評価する事も必要だ。

まず決定的なチャンスはオーストラリアは、前半1回・後半4回・延長に2回
合計7回あった。そのうちGK川島がファインセーブで防いだのが4回あった。
だからこのゲームでのMVPは川島だと思う。
 それに対して、日本の決定的なチャンスは2回だけだった。
後半と延長で左サイドを長友がえぐって中央に入れた物で、岡崎が惜しくも外した
のと、延長で李が決めたのがそれである。

 少ないチャンスを活かして見事に決めたのだが、守備面で、もっと楽で安定した
闘い方が出来るようにする為には、やはり長身大型のDFと空中戦に強いMFが
1人必要だし、本田以外の選手は、もっとフィジカルを鍛えるべきであろう。

 まだ課題はあるし、本当の目標はまだ先だが、
このメンバーで成し遂げた日本代表の最多4回目のアジアカップ優勝を祝おう。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/717-af8d4ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。