サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jクラブも代表と共通の弱点がある

 ACLの日本勢のゲームぶりを見て感じるのは、かなり苦戦している事だ。
まず対戦相手が、随分と研究してきているのが判る。
長所を消して弱点を徹底的に突いてくる。日本勢に勝つ為にはどうすれば良い
のかという課題への答えを見つけている。

 細かいパスを繋いで組み立てて攻めるのではなく、ボールを奪ったら、手数を
掛けないで一気にゴール前までボールを運んでくる。そして高さで勝負を仕掛ける。
あのような戦い方は一見、格下のチームの戦い方のように見えるが、日本には
極めて有効なのが判る。日本チームのパスをカットして奪ったら、即、攻撃に出る。
日本のようにじっくりとバックパスや横パスを回して時間を掛けて攻めてこない。

 特にセレッソとグランパスは、ボールをキープしてチャンスは作るが、まるで
得点出来る気がしなかった。むしろパスをカットされてピンチを招くシーンが
目立ったではないか。相手のプラン通りにゲームが進行して終わってしまったのだ。
大会はまだ序盤戦だから最終的にどうなるかは判らないが、Jクラブ全体の課題と
とらえて対策に取り込んでもらいたい。

 中盤での綺麗なパス回し、特に無駄なバックパスと横パスを多用する戦術は一考
するべきで、適切なカウンター対策が出来ていない場合には、パスをカットされたら
ピンチになる事に、もっと危機感を持つべきだ。

そして代表チーム同様、クラブレベルでも「高さの無い弱点」が徹底的に狙われてる
平均的な日本人から見たら長身でも、サッカーのCBとしてみたら、低いのだから、
サッカー界全体が、もっと危機感を持つべきではないか。確かに低身者でも上手い
守り方は出来るが、ここまでやられたら対策を練るしかないと思う。

 もう、みんなが判ってる。
FKをゼロにするのは不可能に近く、特にアウエーでは、嫌でも相手チームにFKが
与えられるのは当たり前だという事。だから、相手にセットプレーのチャンスを与え
ないように守備を気をつければ良いなどという解説や記事など、現状無知の暴論だ。

 苦労してチャンスをたくさん作って、やっと得点したのに、高さの無い弱点を突かれ
簡単に失点して負けるのはチーム作りと選手育成に欠陥があるか失敗だと評価しないと
改善されないのだろうか。
 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/724-e0814001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。