サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC東京は大熊の指導力を考察するべきだ

 FC東京が苦戦しているが、J2での戦い方、相手の守備的な戦術に
戸惑っているのであろう。しかし、これは十分に予想された事だから、
今更、嘆いたり、悩んだり、困ったりする方がおかしい。

主力選手が残ったから、1年でJ1昇格出来ると、選手達が軽く、甘く
考えていたならば、J2に降格するはずがないと思っていた1年前と
全く同じ精神状態という事ではなかろうか。

 もし、そうだったら、このクラブの根本的な体質に問題があるわけで、
サポーターも含めた大改革をやらないといけないかも知れない。
首都東京を代表するクラブという自負があれば、伝統やプライドや厳しさ
等が育まれるべきで、スタジアムが面白おかしくパフォーマンスを行う場
になってはいけない。

まず、今後も、このような成績が続くならば、早い時期に監督の交代を
行うべきだ。「相手が極端に守備的で、それをこじ開けて得点を狙うのが
難しい」ならば、それを打開できるような人材を探して来なければいけない。
「大熊」は過去のクラブやU-20でのゲーム内容と実績を観れば、
リアクションサッカーを得意とする指揮官ではないだろうか。このように
他と比べて能力が高く個性的な選手が多く、ボールぽポゼッションで上回る
サッカーが可能なシチュエーションの中で、選手を活かして使いこなせる
指導力があるのかをチェックして結論を出した方が良い。

更新が大幅に滞りましたが、やっと復帰しました。

スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/726-577b166c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。