サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビスパ対レッズ戦から学ぶ事

 前回も触れたが、9日の、このカードはなかなか面白いゲームで、優勝候補がリーグ戦を乗り切る戦い方を考える上で、良い学習材料だった。

 なかなか点が入らずに、レッズサポーターはイライラしたかもしれないし、アビスパのサポーターは、後一歩という所での敗戦で無念だっただろう。
 
 このゲームで、浦和は、優勝候補にふさわしいチームになった事を証明した。それは、負け試合を引き分けに持ち込む・引き分け試合に勝利を収める。という戦い方を出来るようになった点を指摘したい。
 浦和は、福岡の激しくネチッコイ守備と、速いカウンターに苦戦していたように見えるが、福岡の選手はマイボールになった時でも、全ての部分であまり余裕が無く、落ち着かずせわしなくプレーしていた。だからシュートチャンスの時でも、不必要に力んでしまいゴールに結びつかなかった。

 逆に浦和の選手は、相手を上から見下ろすような感じで余裕を持って対応していた。これは戦力の格差の表れで、過去のリーグ戦を振り返れば、優勝候補と、そうでないチームのゲームでは、よく観られる展開だった。

 浦和サポーターから観たら、J2から上がってきた福岡相手に満足できない内容だっただろうが、格下のチームというのが、このようなりアクションサッカーを仕掛けて来るのは当然で、そういう相手から、どうやって得点するか、確実に勝ち点を取れるかで、最終的に順位が決まってくる。

 例えば、上位候補のチームならば、まともに向かってくるから、攻めて攻められ、終わってみれば意外にも快勝しちゃったという展開になる事が多いが、下位チームとの対戦では、ガチガチに守る相手に思わぬ苦戦をするのはよくある事だ。
 つまり、上位チーム相手だから苦戦・下位チームだから楽勝という図式は、いつも当てはまるとは限らないという事を学ぶ事ができたのだ。

 サッカーは、主審が終了の笛を吹いた時点で得点が多い方が勝つのだから、それがロスタイムでの得点であっても、勝利の価値には変わりない。
 むしろ、強いチーム・優勝できるチームというのは、このような勝負強い戦い方が出来るという事も学べたと思う。

 

 
スポンサーサイト

テーマ:浦和レッズ - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/73-f7d96b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。