サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハマムを糾弾せよ

 FIFA会長選挙もブラッターの無投票当選が確実になった。
ハマムの買収疑惑が今後明らかになるかどうか不明だが、ここは
重要な決断を行う事で、アラブ勢によるFIFA乗っ取りと、
サッカーの滅亡を阻止しなければいけない。

ハマムはブラッターの調査も要求したり「疑わしきは罰せずなのに
自分だけ暫定的とはいえ活動停止はおかしい」等と言ってるようだが
こういう人間は完全に失脚させねばならない。

 普通に考えれば判るように、サッカー界の莫大な利権がらみの権力抗争
なのだが、FIFAを支配する南米と欧州が、他地域の理事によるFIFA
乗っ取りは、断じて容認しないという強いメッセージを感じる。

 過去の会長選挙。各大陸連盟選出の理事選挙。そしてW杯開催地選定選挙
そういった各種選挙での買収や賄賂などのロビー活動を野放しにしてきた
ツケを払う時期が来たという事だと思う。
 各種利権と名誉欲を求めるハゲ鷹やハイエナどもが群がり、手段を選ばず
という状況になるのは当たり前ではないか。

 残念だが、AFCはアラブ勢に乗っ取られたし、W杯誘致に成功して
味をしめたハマムが、次はFIFAを乗っ取ろうと仕掛けてきたが、
今回は挫折したにすぎない。ハマムは分相応という言葉を知るべきだ。

 もし買収の不祥事が事実と判明すれば即刻処分すべきだし、
買収した事ではなくて買収しなかった事を100%完璧に証明出来なければ
極悪人と断定するべきであろう。

そして以下の処分を行うのが妥当と考える。

1・ハマムの永久追放とAFC会長職の解任
2・カタールの国際試合、最低1000年間の禁止
3・カタールリーグへの他国選手の出場禁止
4・・2022年W杯の開催地の再選
5・AFCの管理はFIFAが直接行うか、清廉潔癖の小倉氏を
  定年延長で任せる。
6・FIFAとAFC内のハマム支持派の理事の処分
7・W杯開催地選挙の第1回投票でカタールに投票した理事の
  買収疑惑の徹底調査を拷問に掛けてでも行い永久追放とする。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/731-4f671b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。