サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンカップ・対チェコ戦について

 昨日行われたキリンカップ、対チェコ戦は「テスト」としては有意義だが、
「強化」目的では大失敗で、何も得る物は無かった。

 ペルー戦で機能しなかった3-4-3システムを、今回はレギュラー組で
再度挑戦したが、やはりダメだったのが判ったのが「有意義」という事で、
おそらく、ペルー戦の後半も、3-4-3で行ったら、似たような展開に
なったと思われる。

 日本代表は、ボールはキープするものの、1軍半のチーム編成にも関らず、
守備が実に良く組織化されたチェコに対して完全に攻めあぐんでしまった。
ザックは「3-4-3」を、ペルー戦よりも良かったと評価していたが、
両サイドに「内田」「長友」前に「本田」を置いた結果であって、これは
個人の能力の違いが出ただけに過ぎず評価に値しない。
 しかも、サイドに起点を置いて崩すはずが、サイドから攻めてチェコの守備
を崩すシーンは無かった。日本のチャンスの大半は、本田がトップ下やボランチ
の位置に下がってボールに触れた時に生まれた物で、これは4-2-3-1の
方が慣れているという事の証明であり、また、この方が日本の良さが出ると
いう事を意味する。
 どうしても3-4-3に執着するならば、トップに前田か李ではなく本田を
置いて、本田の居た所に香川を起用する。それでないと得点の可能性が見えて
こないと思う。
李の所でボールが収まらず、岡崎・内田・長友はリーチのあるチェコDF陣に
ドリブルやパスが、随分引っかかってたのが印象的だった。

 アジア諸国がW杯予選で日本と対戦する際には、両サイドの守備を固めて
内田と長友にスペースを与えず、本田と香川にはマンマークを着けてくると
予想する。それもファウル覚悟の相当に厳しいものになるだろう。
その上、審判がホームでもアウエーでも、日本に対しては多くの場合、不利な
ジャッジを行うのは、過去のアジアカップ、W杯予選で十分すぎる程判ってる。

 これでは相手の術中に嵌まってしまう訳で、日本は自滅するだろう。
ゲーム中にシステムを変更して相手を撹乱させる目的があるならば、過去の
ゲームでも見せたように、ゲームの流れの中で、各自がポジションチェンジを
行えば、それで良いのではないか。例えば、4BKの中で、攻撃になった時は、
内田や長友が思い切って前線に飛び出して行けば済むし、本田・香川・前田
3人の連係の良さもまた実証済みだ。

それよりも、アジアカップのグループリーグで見せた「ゲームの入り方の拙さ
の解消」や、準決勝の韓国戦、決勝のオーストラリア戦で徹底的に突かれて、
大苦戦の要因となった「高さとフィジカル」の弱点解消の方こそ、新しい
システムのテストとマスターよりも優先して対策を立てるべきではないか。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/734-72095069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。