サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪くなかった対韓国戦での女子代表(なでしこ)

 昨日は女子代表の日韓戦の親善試合が行われた。
1-1の結果と、押し込まれた内容には不満を感じた人も居たと思う。

 解説の早野はかなり辛口だったし、確かに観ていてもどかしかった。
しかし、降りしきる雨と濡れて滑るピッチ状態という慣れない環境と
日本のパスサッカーが活かせない中で、フィジカルの強い韓国を相手に、
あれだけ出来れば良かった方ではないか。

 日本は遠征と合宿の疲労が溜まっている中で、W杯本番を前にして
あのようなピッチを経験できた事を収穫としたい。韓国に追いつかれて
引き分けに持ち込まれてガッカリした事よりも、自分達の長所を十分に
出せなくても、互角に戦えた事が自信になったのではないか。

 終了後の選手達の表情も爽やかだったから、本人達がチーム状態と
このゲームの意義を自覚していたと思う。
日本選手のフィジカルと球際の強さが向上した点に注目したい。
フィジカルは、過去の国際大会で日本選手の最大の弱点だったから、
成長の跡が見られたのを評価したい。

 この韓国戦では「ドリブル」「FK」「パスワーク」では、納得出来ない
面もかなりあったが、本番では見応えのあるゲームをしてくれると期待する。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/735-e7fab9f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。