サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17W杯ブラジル戦に関して

 Uー17W杯の準々決勝で日本はブラジルに2-3で惜敗した。
見方によっては、3点取られてからでは遅すぎるとか、点差以上の
開きがあるという見方も出来るが、内容も結果も好意的に評価したい。

 このゲームは公式戦である。それもグループリーグではなくて、
トーナメントに入ってからの絶対に勝たなければならない1戦での
善戦でブラジルを後2歩位まで追いつめたという点は素晴らしかった。
普通、南米勢ならば、後半の途中で3点差をつけられたら諦めてしまい
形だけの抵抗を試みるだろう。それに対して日本は最後の最後まで
諦めずに闘うという姿勢を見せて、実際2得点した事で、日本の見方も
変わり、警戒心と厭戦気分を持たせる効果があった。

それは日本と対戦する時は、ゲーム終盤までリードして居ても最後まで
気を抜けないし、油断したらやられるという精神的なプレッシャーを
今後の対戦相手に掛けられるかもしれないからだ。

 客観的に観て、個人技、特にバイタルリアに入ってからのドリブルと
スピードの差は決定的な差があったのを認めねばならない。
これは攻撃陣だけの課題ではなく、守備陣もほとんど対応出来ず、
日本サッカー界の弱点といっても良いかもしれない。

「組織では上回った」という声が選手や関係者から出ている。
しかし、この17歳以下の年代では個人の弱さを組織でカバーするという
闘い方で乗り切れても、「組織では劣るが個人の強さで局面を打開出来る」
選手が居るチームの方が伸び代が大きく、フル代表のレベルになった時は、
勝負を決定づける要因になる可能性の方が高い。

世界最高峰の大会はU-17W杯ではない。U-20W杯、そしてW杯
へと続く過程なのだから、あくまでも世界への出発点と位置付けて、
今後の課題に対応してもらいたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/736-cf86a229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。