サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手の保護と周囲の規制が必要だ

 今日は7月30日だ女子の五輪予選が始まるまで1か月しかない。

 沢が連日追いかけられて、日常生活や食事にまで支障が出てきて、
ついに引っ越しをせざるを得ない状態になってしまった。
他の選手もストーカーやら追っかけやらに狙われて大変な状況の
一歩手前みたいの様相を呈してきている。

 日本協会と所属クラブは早急に対策を立てる必要がある。
ファンサービスの意味を勘違いしているからこのような事になる。
女子サッカーを盛り上げるのは大切だが、なんでも公開したり、
選手のプライバシーが守られないような事態は避けなければいけない。

と言っても、すでに遅すぎたようだが-------

 9月の五輪予選は、11日間に5ゲームという異常な日程だ。
なでしこメンバーは付け替えのきく消耗品ではない。生身の人間だ。
役員関係者の中には浮かれている者もいるのではないだろうか。

 W杯ではどうだったかと振り返れば、
ニュージーランドには大苦戦・イングランドには完敗。
ドイツ戦は延長戦での勝利・アメリカ戦は内容では完敗だが、
PK戦に持ち込んでの勝利だった。

全ゲームを安定した戦い方で乗り切ったわけではないのだ。

もう一度、アジア大会の録画を見直せと言いたい。

「北朝鮮」戦は、内容では完全に負けゲームだ。
過去の対戦でも日本が優勢にゲームを支配していない。

沢がセットプレーの際に、ニアーサイドに飛び込んでくるパターンは
予選参加国の全てが警戒してくるから、簡単には決められなくなる。

 思い出したのが1985年の男子のW杯最終予選の対韓国戦だ。
韓国のDFは、セットプレーの際の日本の有効なパターンである、
ニアーに走り込んでくる加藤久を封じる為の対策をこうじてきた。
その結果CKからの加藤久のヘッドが、それまでならゴールしたのが、
バーに当たってしまい得点にならなかったシーンがある。

 アジアを甘く見てはいけない。
日本がテレビ出演や表敬訪問や歓迎式典を行っている時に、練習を
しているのだから、それを思えば、ファンも関係者も節度を持って
選手対に対応しなければいけないのは理解できるはずだ。

マスコミは、その時、その場で話題になった人や事象を飽きられるまで
取り上げておいて、商売出来ないなと感じたら、ポイ捨てする。
女子サッカーはそれでは困るんだ。
W杯で盛り上がった、この流れを維持して真の繁栄と競技人口の増加を
目論むならば、五輪予選は何が何でも勝ち抜かなければならない。

その為に必要な事はやらなければいけないし、
その為に障害、弊害となるものは、断固排除、規制するのは当然の事だ。





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/744-0a0ef8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。