サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズベキスタンは怖い相手なのだろうか?

 ウズベキスタンは、近年、ユース世代の育成に力を注ぎ、レベルアップ
しているのは間違いなく、最近は大会の度に要注意国の一つに挙げられている。

アジアカップベスト4の成績・3位決定戦では韓国に2-3と善戦したと評価
されているが、準決勝では、オーストラリアに0-6と記録的な大敗を喫した。
なぜ、この点差を取り上げずに、ベスト4という結果ばかり大袈裟に書くのか。
日本は決勝でオーストラリアに6点差以上で大敗したのだろうか?
スポーツ紙の記者は、4位と1位とでは、どちらが順位が上か判ってないとしか
考えられない。つまり簡単な算数が出来ない連中という事だ。

 日本との準決勝で激闘の末にPK方式の結果、決勝進出出来なかった韓国は、
心身ともに相当に消耗しており、3位決定戦に向けたモチベーションも低かった
はずで、そんな韓国に勝てずに、2-3で負けたのは、高く評価する方がおかしい。
ウズベクは、消耗した韓国に3点取られたが、日本は2点しか取られてない。
【 2 】と【 3 】では、どちらが数字が上か下か判るはずだ。
やはり算数が出来ない事が証明されたようだ。

南アW杯予選では、ホームでは一方的に押し込みながら、岡田の拙攻で引き分け。
アウエーで1-0で勝ったが後半は防戦一方と書いたアホが居たが、あのような
デタラメな審判によるジャッジでは、まともなゲームとして成立しない。
 日本側が、ペナルティーエリア内では、下手にタックルしたり身体でブロック
したり、ちょっとでも手で掴んだりしたら、わざと倒れてPKを取られる危険性が
あったのだから、凄く困難な守備を強いられた中で、実に上手く辛抱強く守った
点を評価するべきで、ウズベクの強さの評価には参考にならないのだ。
そういう事を判らない、分析出来ない人間が記事を書くと「後半は防戦一方だった。
だから大変だ、強敵だ」等と言うネガティブな事しか書けない。

しかも、正当なゴールだった2点目を取り消すという暴挙があったから1-0という
得点差で済んだのに、そのようなジャッジに関して全く触れないようでは、
ジャーナリストとしては失格といえよう。

 日本は今回、直前に球際に強くて激しいサッカーをする北朝鮮と対戦してから、
ウズベキスタンと対戦するのはメンタル面に関して良い準備が出来ると思う。
なぜウズベキスタンが高く評価されるかというと、組織的なサッカーを
するからで、レベル的に観れば、アラブ勢よりも一歩進んでいるように評価
しているからだと思う。しかし、日本にとっては組織力で劣るチームが、組織で
攻めて守る闘い方を選択するよりも、中盤から最終ラインまでガチガチに守り、
フィジカルが強くて速いドリブルで、一発のカウンターを狙ってくるチームの方が
嫌な相手なのは、過去の対戦内容から判る。

 今回のウべキスタンとの対戦は、そういう点を見極めると言う意味では、非常に
興味深いものがある。


スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/750-5eaf0ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。