サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本田の代役に関して

 本田が膝の負傷で、北朝鮮戦、ウズベク戦と欠場の可能性がある。

不安を感じてる人が多いと思うが、何故、不安かというと、本田抜きでの
ゲームの経験がほとんどないからだ。本田を軸にした戦い方で、ずっと来たのを
、このW杯3次予選の初っ端で、未体験の編成で公式戦に臨むのだから当然で、
やってみなければ判らないと思う。本田以外の選手の自覚に期待するしかない。

代役は「柏木」か「中村憲剛」になるようだが、柏木は明らかに経験不足で、
北朝鮮の激しいサッカーに対応出来るか難しいと思う。本田の代役という重圧に
耐えられるかどうかも疑問だ。例えば、香川が中心になって、柏木が補佐する
という役割にした方がプレッシャーも違ってくるのではないか。

 だから「中村憲」の方が望ましいのだが、過去の「オシム」「岡田」いずれの
場合も、「中村俊輔」の居ない時に、トップ下で起用された時は、有効な働きは
全然していないのが気掛りで、単なる繋ぎ役としか機能せず、相手に脅威を全く
与えなかった。
「中村俊輔」とセットで、それもボランチとして起用された時に、初めて持ち味
が生きた事しか印象にないのだ。中村憲は自分から仕切ってチームを動かす
のではなくて、中村俊の副官として動いた時にのみ代表チームでは有効だった。

所属クラブで出来てるプレーが代表では出来なかった選手と評価せざるを得ない
のだが、代表を外されて、この1年間で変わったかどうかが問われる事になる。
本田と同じ事は出来ないが、香川の負担を軽くして、北朝鮮の激しいチェックと
球際の強さに対して、逃げたり尻込みしないで、勇敢に向かっていき、
「オシム」や「岡田」の頃とは違って、無駄なパス回しをしないチームに進化して
いる途中の段階にある、ザックニッポンのやり方に融合しなければならない。
 現在の代表は、緩い横パスもバックパスも激減しているのを自覚して
≪自分のやりたいサッカー≫ではなくて、≪ザックの目指すスタイル≫に対して
忠実に実践する事だけを考えてもらいたい。

良い結果が出れば、今後も非常事態の時のスーパーサブとして期待されるだろう。
しかし、

1・速いパス回しや縦のパスを通す事が出来ない。
2・厳しいプレスの前に逃げたり尻込みしてバックパスと横パスばかりする。
3・自分から仕掛けずにパスを回す事ばかり優先する。

そのようなプレーに終始した場合は、今後はJリーグでどんなに活躍しても
代表には二度と呼ばれないだろう。

あるいは、ウルトラCで「清武」の起用も一つの選択として考えておくのも良い。
経験不足だが、物おじせずに、自分を売り込み活躍する事に対して意欲旺盛の
若者で、今は伸び盛りの時期なのだから、もしかしたら一発やってくれるかも
しれない。  
スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/752-3b198ad8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。