サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年W杯3次予選、対ウズべキスタン戦

 アウェイのウズベキスタン戦は、苦しい中でよく引き分けに持ち込んだと
評価するべきであろう。勝てなかったのは残念だし、選手起用や戦術などの
采配に関しては、明らかにザッケローニの采配ミスだが結果としては悪く
なかった。

 中盤で、阿部を起用してボランチに、長谷部をトップ下に配置するという
奇策は無惨な失敗に終わった。なぜこのような無謀な起用を考えたのだろう。
次からは長谷部のトップ下は無いだろうし、阿部の起用も慎重になるはず。

 ウズベクの第二列目からの攻撃に備えての中盤の構成だが、これが完全に
裏目に出てしまった。阿部の潜在能力は高いしアンカーの実績もあるのだが
、明らかにコンディションが悪く、試合感覚に問題があったのではないか。
失点の場面では、ただのボールウオッチャーになってしまっっていた。
経験豊富なベテランなのだから、悪いなりに対応すべきで、ウズベクを乗せて
しまった責任は大きい。このゲームに限れば代表レベルの選手ではない。

 また今野の高さの無い弱点も、この時点で再確認できたのも幸いである。
もし「トゥーリオ」と「吉田」のコンビだったら防げた可能性が高い。
思い起こせば、アジアカップ決勝のオーストラリア戦で、猛攻を防いだのは
今野ではなくて岩政、吉田の長身大型CBコンビだった。

 主力3人が欠け、慣れないピッチで、過密日程の非常に悪いコンディション
の中、特に内田、香川、阿部、遠藤らは、ベストとは程遠く、よく引き分けに
持ち込んだと評価すべきであろう。

李は北朝鮮戦よりも良かったのだが、残念な事に決定的な2回のチャンスで
得点出来なかった。「運」や「ツキ」が無いのだろうか?対象的なのが岡崎で、
あのようなダイビングヘッドを決めてしまうのは「持っている選手」なのだ。

清武とハーフナーは代表合宿への合流も短期間にも関らず、上手くフィットしている。
後半から清武、得点が欲しい時には、途中からハーフナーというパターンが出来た。

本当に強いチームというのは負傷者が出て、主力選手のコンディションが悪くても
それなりの勝ち方や引き分けに持ち込むという戦い方が出来る。

9月の2連戦を1勝1分けの成績は合格点を与えたい。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/757-e2823ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。