サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子五輪予選・対中国戦

 五輪出場が決定して消化試合となった対中国戦だが、ロンドン五輪に
向けたスタートと位置付けて出場した選手は、それなりにベストを尽く
したと思う。

 この中国戦が出場権が掛った大事なゲームになるのは避けたいという声が
多かったが、この中国ならば極端に心配したり不安を感じる必要は無い。
対オーストラリア戦同様に中国のプレーは雑だ。守備陣のビルドアップは
悪く、正確なパスを出す能力が低い。攻撃陣は自分の持っている技術能力以上
の速さでプレーしているから直線的なプレーは速いし脅威だが、最終局面での
イージーミスが目立つ。このチームがよく「韓国」「北朝鮮」と引き分けたと
思った人も居たのではないか。

 日本は、初戦のタイ戦で感じたように、MFを全員、若手の控えメンバーに
しないで、宮間、川澄、そしてFWに永里を起用した事で、一緒にプレーした
控えメンバーも自分の持っている力を発揮出来る環境が整った中でのゲームと
なった。

田中はタイ戦よりもはるかに良かった。おそらく「沢」や「坂口」とコンビを
組んでいれば、もっと良いプレーが出来るのではないか。しかし、相変わらず
パスミスが多い。ボランチにとって重要な事は攻め上がって得点する事よりも、
バランサーの機能や展開力のはずだ。

 上尾野辺は25歳で若手ではない。レギュラーの熊谷や坂口の方が年齢が
下だ。若手ではなくて控えと呼ぶべきだ。非常にテクニックが高くキープ力も
有るのだが、狭いスペースで細かい事をやりすぎる。もっと簡単に叩いたり、
展開力を身に付けないと「ボール扱いの上手いだけの選手」で終わってしまう。

ボランチの二人とCBの宇津木が経験が少なく、まだ連係の面でも不十分だった
為に、簡単にDFラインを破られてGKとの一対一にさせたり、シュートコース
を開けてしまったりと、危険な状況を作ってしまい、もし中国に決定力があれば
負けていた可能性が高い。しかし現状では仕方がない面もあるし、むしろ経験を
積む場としては、中国は強すぎたが良い相手だった。

 五輪本番までの親善試合では、積極的に若手や控え選手を起用して
経験を積ませてほしい。
スポンサーサイト

テーマ:なでしこジャパン - ジャンル:スポーツ

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/759-b7a207d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。