サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムは要注意

 タジク戦に向けて、強化の為ではなくテストと調整と準備の為に行った
対ベトナム戦は反省と教訓を得たゲームだと思えば実に有意義なものだった。

まず、ザックが3-4-3システムに見切りをつける決心をしたと信じたいし、
そうでなければ、このゲームを行った意味がない。
本当に、もういい加減にやめろと言いたい。

「本田が居ない時のシステム」ではなくて「自分が希望するシステム」であり、
それが、現在の日本代表のメンバーには適切ではない事を自覚せねばならない。
攻撃も守備もどちらも全く機能していなかった。

 ちょっと心配なのが、ベトナム相手に1点しか取れず、拙い攻撃に終始した
事ではなくて、このように毎回、ゲームの直前の合宿と準備試合で、慣れない
3-4-3システムを習得する練習を行い、ゲームでチグハグな闘いを
行う事で、選手が混乱して良いパフォーマンスが出来なくなる懸念がある。
連係や選手同士の距離感やポジショニングなどが狂ってしまうのではないか。
せっかくアジアカップで、新しいメンバーを入れても4-2-3-1システム
で日本人の長所を活かす戦い方を見せられたのに、ぶち壊してるのでは。
綺麗な音を出している楽器をいじくり回して、調律を狂わせてるのと同じような
愚かな事をやっているような気がする。

 収穫は、藤本、細貝、原口が特徴を出して、次も使ってみたいなと思わせた
のと、GK西川が頼りになる存在として計算できるのが判った事か。

 それにしてもベトナムはフィジカルと守備が随分強くなっていたのに驚いた。
元々、昔の南ベトナム時代から技術的には高いレベルだったから、
セルジオ越後みたいに称賛する必要はないが、ボディコンタクトがあった場面で
は、ほとんど日本選手が競り負け、跳ね飛ばされていたのが印象的だった。
また、1対1の守備は北朝鮮よりも遥かに強く、ランキングやネームバリュー
で判断や評価を下してはいけない。日本の攻撃が不甲斐なく思うように行かず
期待を大きく裏切ったのは、ベトナムの守備力の高さに要因がある。

もし、ベトナムのホームで対戦する時には相当、注意していかにと痛い目に
合うかもしれない。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/760-61827f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。