サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮の取材制限は正しい

 北朝鮮がホームの日本戦で、日本側のマスコミに取材許可を出したのが
10人だった事で、納得出来ないという声が関係者の間から出ているが、
北朝鮮当局の「技術的な理由」という説明で納得出来たと思う。

 当初は理由は言ってこなかったが、「1社から配信を受ければ良いのでは」
という誠に説得力のある指摘の前には、日本側マスコミのどのような反論も、
相手にはならなかったのが事実である。実際に、通信社と専門誌には取材許可を
出しているのだから、北朝鮮側の対応は理に適っているのが明白である。

 例えば「サッカーを知らないバカなスポーツ紙の記者や、存在する事自体が
常軌を逸しているフリーの女性スポーツライター等に取材させてもムダだ」
と本当の事を言われたら、一言も反論できないはずだ。

 それはスポーツ紙のサッカー記事や、有名選手を扱った女性ライターの
書いたパープリンな書物を見れば、正常な人間ならば誰にでも理解できる。

 ゲーム翌日のスポーツ紙の紙面を見れば、結果は同じだし、違うのは
どの選手にスポットライトを当てているかと、起用している評論家のコメントの
違いだけである。

 中には、こんな事でも無いと北朝鮮には入国できないからと物見遊山で
取材申請した不心得者も居たかも知れない。

もし、フリーライターの元締め気分の女性ライターがサポーターの中に紛れて
入って来たら、スパイとみなして強制収容所へ叩きこんでもらいたい。

ただ残念なのが、本当にサッカーを知っている男性のフリーライターの数人
にも取材許可を与えてほしかったという事だ。





 
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/764-3c51cf07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。