サポーターレベルアップ講座

サッカーをメインにして、他のスポーツに関しても独断と偏見で論じていきます。皆さんがスポーツを楽しむ、考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平壌での北朝鮮戦を前に

 明日は平壌でアウエーの北朝鮮戦が行われる。
普通に考えれば日本が圧勝するのが順当な結果なのだが、実力通りに
予選敗退が決まったとはいえ、地元で国交の無い仮想敵国の日本に惨敗
してはメンツ丸つぶれで、監督選手全員が炭鉱送りになっても不思議ではない。

そのような場合、超常現象に近い程の、異常ともいえる実力以上の力を発揮
して、思わぬ番狂わせという結果になる事もある。

タジキスタンよりもピッチ状態は良好だろうから、日本のパスワークが冴えて
華麗な近代サッカーの模範を、北朝鮮のサッカー愛好者に披露出来れば良いが、
無駄なパス回しに酔いしれて、手数を掛けた上にシュートをしないという
悪い癖に走らない事を望む。

北朝鮮は、埼玉スタジアムでの日本戦のように、ガチガチに守備を固めて
カウンターを狙うというスタイルを、地元のファンや政治家、軍人の前で
繰り返すとは思えないので、前掛かりで来る可能性が強い。

日本がカウンターで得点できるチャンスがあったら、徹底的に活かして
もらいたい、過去の代表チームでは、一気に行かないで、ゆっくりとドリブル
して見方が上がってくるのを待つとか、パスを回して手数をかけてる間に
相手のDF陣に戻る時間を与えて守備を構築させてから、崩しに掛るという
愚行をこれでもかという位に見せられてきた。

ザッケローニが
「縦パスを使え!!!」
「手数を掛けるな!!!」
「速いテンポでプレーしろ!!!」
と命令したら、絶対服従を心掛けなければいけない。


ウズベク戦・タジク戦とゲームの入り方の悪さや、前半の拙攻が問題視
されているが、ホームの北朝鮮戦も同様に酷かった。明日のスタメンに
「柏木」と「李」の名前は無いだろうから、同じ展開にはならないと
確信してる。もし李が途中出場したら幸運を祈りたい。
 在日の朝鮮人が日本に帰化して代表メンバーに入ったという意味は
非常に大きい。日本に対して反感と敵意を持っている北朝鮮本国の
人民の前で「日本国籍」で活躍する晴れ姿を見せてあげようじゃないか。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azteca1968.blog43.fc2.com/tb.php/767-dcda07b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。